TATERU口座開設方法を解説してますー

初心者なりに気づいたことなど

初心者が指南するソーシャルレンディングの始め方

ソーシャルレンディングの始め方

ソーシャルレンディング(SL)とはSL事業者を通して様々な会社やプロジェクトへ融資できるユニークな投資方法です。個人でも銀行のような融資を行えるのでゲーム性や玄人感があっておもしろいと思ってます。資産運用でのメリットは株やFXのように値動きのストレスにさらされることがなく、年5〜10%といった高額配当を受け取ることができること、デメリットはどの投資にも言えますが元本割れといったところでしょうか。

個人的にはデメリットよりもメリットの方がめちゃ大きいと感じてますので、あなたも興味を持っているなら基礎的な知識を身につけてから参入されると良いと思います。

それでは微力ながら知っておきたい基礎知識、準備するものなどをまとめて「ソーシャルレンディングの始め方」としてご説明しますね。

SLの始め方〜簡単な基礎知識

SLの仕組み

SLの仕組み

SL事業者とリスク

SL業界はまだ新しいので事業者が信頼を定着させようと熱意を持って頑張っていると私は感じています。しかし中にはみんなのクレジットのような悪質な業者もいる(いた)ので、資金を預けるSL事業者の信用をチェックしなくてはなりません。最近はこのリスクをとることが最も重要であると考えるようになりました。

SL事業者が潰れると、預けてる資金がゼロになる可能性もある!

注意

初心者におすすめ!と謳い「クラウドクレジット」や「みんなのクレジット」を紹介しているサイトは無視した方がいいですよ。紹介報酬が高いから紹介しているのであって実際に投資しているSL投資家とは考えにくいからです。

銘柄とリスク

不動産、エネルギー、海外案件など様々なジャンルの銘柄(ファンド)があり見ているだけでもワクワク楽しくなります、それがSL投資の大きな魅力であると声を大にして伝えたい。

しかし投資には必ずリスクがあります。銘柄リスクとはずばりデフォルト(貸し倒れ)。計画がうまくいかず借り手が返済できなくなることです。

このリスクをとるには、きちんと投資スキームを理解出来るファンド、そして担保がしっかりしている銘柄を選ばなくてはなりません。(この部分に玄人感があって魅力を感じてます)

matsu

SLは他人の投資スタイルを真似しやすいので上級者の投資する銘柄に便乗するのも一つの手ではありますが、最低限自分でも概要(リスクとリターン)を把握できるようにしておけばより安全性が高まるでしょう。

資金の流動性が悪いというリスク

ソーシャルレンディングはその性質上、融資をしている期間は出資金をこちらの都合で引き上げることができません。従って株に比べると流動性が悪く、それがリスクとされることが多いですが前述2つに比べれば大したことはないですよね。

融資期間中、投資家は何もすることができないのでアクティブな方にはストレスかもしれませんが、逆に言えば何もしなくて待つだけなので大抵の兼業投資家にはメリットもあると思います。

matsu

流動性を高めたいなら、余裕資金での運用を基本にし、一銘柄に比重を重くせず、満期をずらしていけばある程度解決するでしょう。

配当金の支払い方法

基本は毎月分配ですが、配当金を事業者の預託金口座(デジポット)で受け取るか、自身の銀行口座で受け取るかでお金の動かし方が変わります。自分も最初戸惑ったので知っておくと良いかもしれません。

1.デジポットあり事業者

  1. 事業者へ投資家登録する
  2. 専用口座へ入金する
  3. 銘柄を選んで出資する
  4. デジポットで配当金・元本を受け取る
  5. 銀行口座へ配当金・元本を出金する

2.デジポットなし事業者

  1. 事業者へ投資家登録する
  2. 銘柄を選んで申し込む
  3. 指定口座へ入金する
  4. 銀行口座で配当金・元本を受け取る

デジポットあり=ネット証券スタイル、といった感じで馴染み深いですが、なしの場合は銘柄に申し込み受理されてから出資金額を入金する流れになります。

ちなみに2018年以降はデジポットなしに各事業者が移行していくようです。

matsu

さいしょの知識としてはこんぐらいで十分。次は準備するものを紹介します。

SLの始め方〜準備するもの

各SL事業者に登録するにあたって必要なものは共通しています。

  • 本人確認書類
  • マイナンバーカードか通知書
  • 銀行口座

これらをスマホなどで撮影し以下の画像を用意します。

  • 免許証などの表と裏の画像
  • マイナンバーカードか通知書の画像
  • キャッシュカードの画像

銀行口座ですが、SL投資に将来性を感じる方や注力したいと意気込む方は専用の銀行口座を作って各手数料を節約したほうがいいですね。それについては下記に詳しく説明してますので参考にして下さい。

振込&出金手数料を節約 ソーシャルレンディングで振込&出金手数料を比較してわかった節約方法

SLの始め方〜登録

最低限の知識と必要なものが揃ったのでいよいよSL事業者へ登録していきましょう。

一気に登録すると楽

さて、賛否両論あると思いますが、ここで一つ提案です。

めぼしいSL事業者へ一気に全部登録申請しちゃいましょう!

その理由として、

1.単純作業を日をあけてチョコチョコするのはめんどくさい

ほぼ同じ登録作業ですからね。間隔あくと「あれ?こないだの免許証画像どこやった (゚ロ゚;)」となったりします、なりました。必要な単純作業は連続してやったほうが楽です。

2.申請してから登録完了まで1週間ぐらいかかるので、魅力的なファンドに出会えても登録してないと間に合わない

これほんと悔しかったりします(-_-;)

この事業者つかわないなーって時は退会すればいいですし、まあ私個人の見解なのでご自身のペースで進めるのが一番ですね。

絶対に登録すべきSL事業者

maneo、SBIソーシャルレンディング、クラウドバンク

ここらへんは後ほど詳しく編集します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です