トラストレンディングでクオカード500円キャンペーン

東証一部企業が運営する抜群の信頼性

TATERU Fundingの評判・特徴・投資情報まとめ

TATERU Funding

このページでは随時TATERU Fundingに関係する情報をまとめています

東証一部上場企業が運営する信頼性の高いのクラウドファンディングサービスで、ファンド募集がされるとすぐに満額成立してしまう人気ぶりです。やはり椅子取り合戦になってしまいますがその価値は十分にあります。

事前に事業者としてのTATERU Fundingについて知っておくことで、募集時の案件分析に集中しやすくなるでしょう。

それではTATERUの評判・投資情報やファンド傾向、業績評価についてご紹介させて頂きます。

TATERU Fundingの口座開設方法 【最新版】TATERU Fundingの口座開設方法を完全レクチャーします TATERU Fundingの新仕様 TATERU Fundingの新仕様、申込手順の変更点などをまとめてご紹介します

TATERU Fundingの評判・投資情報

TATERUファンドについて

  • 運営会社は東証一部上場の株式会社TATERU(旧インベスターズクラウド社)
  • 募集ファンドはIotアパートTATERUの資金がほとんど 
  • 募集ファンドはTATERU社と共同出資!
  • 投資物件情報が詳細にわかります←重要
  • ファンド申込みはWEB完結(2018/8より)
  • 貸倒れ&延滞なし(2018/5)
  • 金利は5%弱

2018年4月1日に株式会社インベスターズクラウドから株式会社TATERUへ社名変更。メインブランド名が社名となり認知容易性が向上しました

運営会社は東証一部上場企業である株式会社TATERUです。直接的な運営母体で判断すれば全SL会社内でトップクラスの企業規模となっています。

TATERU Fundingで募集するファンドも自社IotアパートブランドであるTATERUの建設資金がメインです。

IotアパートTATERU

私なんかが説明するよりTATERUサイトの説明を御覧ください。

TATERU Fundingで慣れてきたら自分がアパート資金を募集する側に立っても良いと思うんですよね。

下記TATERU Apartmentサイトでは投資対象のアパートの基本スペックも確認することができますので、どちらに立って関わるにしろ必須の検討材料の一つとして資料請求をオススメします。

TATERU社30%、我々が70%出資する

一つのファンドへ投資する際、一般投資家は優先出資者シニアローンシニアローン。対義は メザニンローン 。 返済順序が一位のローンを... More 的なもの)として70%出資し、残りを劣後出資者メザニンローン別名:劣後ローン。ソーシャルレンディングによる融資は基本的にこの... More )としてTATERU社が30%出資します。

仮に運用期間中に経済状況等の変化で不動産価格が下落しても、まずTATERUの30%がその下落額を負担することになるので、計画時の評価額30%以上下落しなければ一般投資家の元本は保護される計算です。つまり全案件

LTV 70% 以下

これはかなりの防御力で、リーマンショックでさえ下落率は20%以内と言われていますので想像しやすいと思います。

なんと!途中解約も可能で違約金なし

途中解約&海外在住もOKなソーシャルレンディング TATERU Funding

上記ページでも説明していますが、ソーシャルレンディングは基本的に途中解約できません。しかしTATERU Fundingは不特法( 不動産特定共同事業法不動産を小口証券化しファンド形式で出資金を募り出資者へ利益分配す... More )で運営されていますので一般的なソシャレンとは異なり途中解約可能!しかも違約金なし!投資初心者へも安心して勧められる会社となっています。

「新規ファンド優待受付のご案内」

大人気のTATERU Fundingですが実は「出資優先枠」というものが存在します。サイトで公募する一週間ぐらい前に、TATERU社の定める基準をクリアした投資家に対して表題のようなメールが届くので、名前希望ファンド投資額を返信して申し込むような形です。

最低出資額は100万円 です

最低出資額は高いですが、事業者信頼性と金利が低いことを考えると無理とは感じません。

で、気になる「優待メールを受け取る条件」ですが、これは投資・金融関連の登録情報が起因しているようです。

最初、これらをベースにTATERUに投資したことのある投資家へ優待が送られると考えていましたが、slinvestorさんの記事を拝見するに登録情報のみで選別されているみたいですね。

参考 【TATERU Funding】新規ファンド優待受付ってどうよ?セミリタイアに向けてのソーシャルレンディング投資実践記

で、さらに気になるその登録情報ですが、自分の登録情報は公開しません。

優待メール受け取るためだけに登録情報を調整するのはなんか違うと思いますし、優待メールでもすでに椅子取り合戦が始まっておりますので、これ以上激化されても…ね (;´∀`) トナイハスグウマル

出資金スライドサービス

TATERUのファンドはアパート建築資金がメインなので運用期間は3,4ヶ月と短めです。デポジットもないため償還される度に銀行受取&振込を行っていては手数料によって利益が圧迫されてしまいます。

この問題を解決するためのサービスが表題の「出資金スライドサービス」です。

簡単に説明すると、

満期を迎えるファンドの資金を新しく募集されるファンドへ再投資できる

というものです。超便利!…だと思いますが、まだ使ったことありません(;´∀`) 6月末に現在投資中ファンドが償還される予定ですので、そこで試してみたいと思います。

ただ、このサービスについての説明は前述の「優待メール」でしか確認できていないため一般向けではないのかもしれませんね??

※追記・・スライドサービスは優待者限定のサービスだそうです。

出資金スライドサービス TATERU Fundingの出資金スライドサービスと優待受付を利用してみた

アプリが優秀

こちらはWebサイトスマホアプリにて募集展開されていますが、個人的にアプリのUIデザインが優秀で使いやすいと感じています。募集時にはすぐに埋まってしまう人気ファンドですが、なんかアプリから申込んだほうが申込み成立しやすいような感覚があります。あくまで個人の感想ですが(;´∀`)アプリは公式サイトのトップページからリンク貼られてますのでダウンロードしやすいですよ。

TATERUの業績等

企業情報

社名 株式会社TATERU(旧インベスターズクラウド社)
サービス名 TATERU FUNDING
上場 東証一部 証券コード1435
所在地 東京都渋谷区神宮前1-5-8-20F / 21F
代表番号 TEL:03-6447-0651
創立 2012年3月14日
役員構成 代表取締役CEO  古木 大咲
専務取締役COO 大城 崇聡
常務取締役CTO  松園 勝喜
常務取締役CMO 岡田 孝功
常務取締役CFO  高杉 雄介
常務取締役    古賀 聡
常務取締役    佐伯 幸祐
常務取締役    野間 大亮
登録免許 建設業許可番号 国土交通大臣許可(般-26)第23374号
宅建業免許番号 国土交通大臣(3)第7533号
不動産特定共同事業許可番号 東京都知事 第100号
関連会社 株式会社TATERU Funding
株式会社 TATERU bnb
株式会社 Robot Home
株式会社インベストオンライン

財務・業績情報

2015/12 2016/12 2017/12
資本金 6億192万円 6億192万円 6億2,800万円
営業収益 215億1,253万円
379億1,515万円 670億1,645万円
当期純利益 11億2,753万円 23億5,421万円 39億9,544万円
利益剰余金 27億1,547万円 49億1,678万円 83億62万円
自己資本比率 58.03%
55.55%
44.22%
累計応募額 33億2,132万円
分配金総額 914万円
会員登録者数 52,303人(18/5/5)

TATERU FundingはTATERUの資金調達係なので単体で利益を出す必然性が強くありません。よって親会社であるTATERUの業績を吟味して投資判断に役立てるといいでしょう。

やはり昨今の不動産好景気に乗った形で順調な業績なようです。過去二年の応募額などは調査出来ませんでしたが、この業績情報確認時点(2018/5/5)で累計応募額:40億4,582万円、分配金総額1,444万円となっており、ファンド事業も順調な雰囲気を感じ取れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です