TATERU口座開設方法を解説してますー

何かしら月々の支払いが楽になります

【月1万円】ソーシャルレンディングで小遣い稼ぎに必要な資金は?必要金利別のおすすめランキングも

ソーシャルレンディング小遣い

1万円のお小遣いは額にすると少ないですが出来ることも多い!サラリーマンからは「あと10,000円小遣いあがんないかなー」と言った話をよく聞きますが、給料アップが不確かな現在においては難しい方も多いようです。

働いても難しいなら、残された手段は投資で実現するしかありません。その選択として基本的にほったらかしなソーシャルレンディングは時間の少ないサラリーマンにも最適と言えるのではないでしょうか。

ソーシャルレンディングで月10,000円の利益をあげるのに必要な条件と、それに見合うソーシャルレンディング会社のランキングをご紹介したいと思います。

月1万円ゲットに必要な条件

ソーシャルレンディングにかかる税金

サラリーマンの平均年収が400万円台なので所得税率を20%住民税を10%すると月1万円のお小遣いをゲットするためには税引き後で12万円税引き前で年間17万2千円の配当金を確保しなくてはなりません。

税引き後利益

1万円 ✕ 12か月 = 17.2万円 ー (17.2万円 × 0.3)

では、この金額を稼ぐために必要な資金、そして金利にはどのような関係があるでしょうか?

20万円以下なら申告しなくていい?

年末調整やっているサラリーマンは年間20万円以下の雑収入なら申告しなくてもいいと言われてますが基本的には申告する必要があります。申告しない場合、所得税はお咎め無いと思いますが、住民税は無申告状態になっており、近い将来この部分を厳しくするのかもしれませんので、できれば申告しておくと良いでしょう。

17万円の配当を得るための投資額と必要な金利表

投資額 平均金利
100万円プラン 100万円 17.2%
150万円プラン 150万円 11.4%
200万円プラン 200万円 8.6%
250万円プラン 250万円 6.88%
300万円プラン 300万円 5.73%
350万円プラン 350万円 4.91%

100万円だと17%以上となるのでソーシャルレンデイングでの実現は不可能ですが、150万円程度になってくると現実味を帯びた金利水準になってくることがわかります。

さて、必要な資金と金利が分かったなら後はどのプランを選択するかです。手持ち資金リスクの取り方によって最適なプランを選択して下さい。

各プラン別おすすめソーシャルレンディング会社ランキング

各プラン

150万円プラン

必要金利は11%以上!

ソーシャルレンディングでも高金利帯を狙っていくプランになり、必然的に投資する会社はトラストレンディング、グリーンインフラレンディング、クラウドリースの3社に限られてきます。

案件に担保がついていたほうが安心だと思いますが、この3社ですとどれかに担保アドバンテージがあるとは思えません。担保で判断できないのなら、最終的には事業者信頼度で決断するといいでしょう。

私としては原資が税金の公共事業案件を扱い、経営陣の豪華な顔ぶれを評価して、トラストレンディングを第一候補にあげたいと思います。会社情報については下記ページを参考にして下さい。

トラストレンディングトラストレンディングの評判・業績評価・投資情報まとめ

 

トラストレンディングは配当金を直接銀行口座へ振り込んでくれるので、150万円を丸ごと投資すれば「月1万円のお小遣い」という趣旨を最もスマートに実現してくれるでしょう。

分散投資でリスクヘッジ

万が一のリスクも考えて他の2社へも分散投資しておいたほうが賢明と言えます。配分としては100万円をトラストレンディング、残り50万円を2社の案件具合を見て投資、といった形が効率が良さそうです。

200万円プラン

必要金利は8.6%以上!

レンダーなら誰し一つの目標にしそうな金利水準です。もしあなたが月1万円狙いでファンドを形成して長期間うまく行くようでしたら、あとはボリュームを大きくするだけで充実した資産形成ができるでしょう。また組合せも膨大なので、最適解は自分で見分ける必要がありますが、matsuが考える一例としては

トラストレンディング12%に100万円SBIソーシャルレンディング6.5%に100万円を投資して平均年利9.25%

を実現したいと思います。金利水準は十分にクリアしますし、両社とも配当金は銀行振込なので成果を毎月実感しやすいからです。

sbiソーシャルレンディングSBIソーシャルレンディングの評判・業績・投資情報まとめ

 

250万円プラン

必要金利は6.9%以上!

一社一件に集中投資するならSBIソーシャルレンディングの7%案件に投資するのが、安全性や配当金の振込なども考えると最適と思えますが、案件も月1ぐらいで人気殺到するので投資できるかは運次第ですね。会社情報は以下を参照して下さい。

しかしながら一案件に集中投資は少し慣れてきてからの方が精神的にも良いと思うので、250万円ならmaneo内の6〜8%案件を調節しながら投資するのがベストであると考えます。

300万円プラン

必要金利は5.8%以上!

金額も大きくなってきたのでより慎重に投資を実行する必要があります。一社集中ならLCレンディングの保証付き6%案件が最適だと考えます。

LCホールディングス保証付きLCホールディングス保証付きで年利6.25%!過去最高?

分散投資するなら100万〜150万円をmaneoの6%弱で担保がしっかりしている案件に投資すれば必要金利の5.8%をクリアできる計算です。

350万円プラン

必要金利は5%以下!

このぐらいの金額になり必要金利も5%以下まで下がってきたのなら、安全性が高く投資期間も十分であるオーナーズブックに集中投資して楽に月1万円のお小遣いをゲットします。楽というのがとても大切ですね。オーナーズブックについては下記ページを参考にして下さい。

オーナーズブックオーナーズブックの評判・業績評価・投資情報まとめ

matsu

今回150〜350万円までのプランをご紹介してきましたが、既婚者の場合、なかなかこの金額のヘソクリを持っている方は少ないでしょう。従ってパートナーにきちんと趣旨を説明し理解を得る形で実行するのがもう一つの必須条件だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です