【12/3更新】ソシャレンお得キャンペーン情報

トラストレンディングより再び燃料卸売ファンドの募集!法人口座で初投資します。

トラストレンディングより再び燃料卸売ファンド

こんにちは、matsu@matsu_sl)です。

ここ最近おとなしかったトラストレンディングから再び燃料卸売ファンドが募集されました。

前回募集よりも利回り下げての募集なのですが、何かこれまでとの違いはあるのでしょうか?

ファンド概要

案件名 燃料卸売事業者ローンファンド209号
募集者 トラストレンディング
募集金額 ¥50,100,000
運用予定 2018/12/05 ~ 2020/07/31
年率 8.0%
担保など 売掛債権
  • 募集開始
    2018/11/16
  • 募集終了
    2018/11/29
  • 運用開始
    2018/12/05
  • 運用終了
    2020/07/31

ファンド考察

プレーヤーについて

トラストレンディングについては下記ページを参照して下さい。

トラストレンディング トラストレンディングに200万円投資中!評判や怪しい等の口コミ・実績などについてまとめていきます

後々ご説明しますがこのファンドは過去にも利率を変更しつつ募集されてきました。その度に取り上げてきたので経緯確認に下記記事も参考にしてみてください。

トラストレンディングで公共事業関連ファンド 今度は燃料補給だ!トラストレンディングで公共事業関連ファンドの予告が発表されました トラストレンディングの船舶&燃料ファンドへ追加投資 トラストレンディングの船舶&燃料ファンドへ追加投資しました!船参加できたのが嬉しい

このファンドの経緯

ファンド名 利回り(貸付利率 – 営業者報酬) 担保担保についてまとめたページへ移動します。 期間
燃料卸売事業者192号 5.5%(7.5% – 2%) 売掛債権 + 事業者保証 26ヶ月
燃料卸売事業者193号 11%(12.5% – 1.5%) 売掛債権 23ヶ月
燃料卸売事業者207号 10.5%(12.5% – 2%) 売掛債権 20ヶ月
燃料卸売事業者209号←今ココ 8%(10.5% – 2.5%) 売掛債権 19ヶ月

最初192号から5.5%で募集されたんですが利回り&運用期間、そしてという事業者傾向から物足りなかったようでして金額が集まらず、急遽193号で利回り大幅アップしての再募集となった経緯を持っています。

その際に保全処置の事業者保証が撤廃され、尚且の取り分(営業者報酬)も下げていたのでいろいろ調整があったことが推測されます。

続いて207号では営業者報酬が0.5%しての募集、運用期間が少なくなると利回りも抑えられる傾向にあるので自然な流れでしょうか。

そして209号では貸付利率ダウンの営業者報酬アップで8%での募集となりました。段々と当初の利回りに近づいていっている感じもありますが、恐らく今回からの募集は追加募集の領域だと思われますのである意味仕方ないのかもしれませんね。

と入っても8%で長期公共事業へ出資でき、最終借入人への貸付利率が10%程度になってのものですから、ファンドのバランスとしては整ってきたのではないかと思っています。

総合評価

金利
(4.0)
担保担保についてまとめたページへ移動します。
(3.0)
スキーム仕組み、構成、計画の意。ソーシャルレンディングでは融資の仕組みを... More
(4.0)
事業者
(4.0)
総合評価
(3.5)

やっとこさトラレンの法人口座が開設できましたので、早速この燃料卸案件へ投資してこうと思います。

本件の公共事業は25年継続とのことなので、このファンドがうまい具合に回ってトラストレンディングの常駐案件的に成長してくれると嬉しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です