【SAMURAI】サマーキャンペーン!3,000円分QUOカードプレゼント!

【進展】オーナーズブックが貸付先情報を開示したファンドを募集!貸付利回りの整合性が取れて安心した

こんにちは、matsu@matsu_sl)です。

先日の話になりますがオーナーズブックでようやく貸付先情報を開示したファンドがスタートしました!

これにより、

  1. 担保不動産の住所
  2. 貸付先の企業名
  3. 貸付条件

 

など、事前に検討材料にすることができる情報が分かるようになりました。

特に個人的に安心したのは「貸付条件」にある「利息の利率」が、

投資家向けの募集要項にある「予定利回り」と合致しているという点でした。

これは以前より聞いていた「オーナーズブックでは投資家より営業者報酬を得るのではなく貸付先から融資実行手数料を得て収入にしている」という情報と整合性が取れたからです。

確か貸付先から最大2%ぐらいを限度にしていたかと思います。

ですので今回の目黒マンションファンドについては、貸付先の負担は最大6%弱といった具合になるのでしょうか。

やはり担保不動産情報は最重要ではありますが、それを考慮する上でも貸付先が最終的に負担する金利というのを考慮しておきたいものですね。

なんにせよオーナーズブックで情報開示が成されたことは業界にとってプラスであることは間違いありません。

少しずつでも盛り上がっていくといいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です