SAMURAI令和キャンペーン!500円分QUOカードプレゼント!

トラストレンディングから除染&公共コンサル案件に不動産担保設定したとの報告

トラレン

こんにちは、matsu@matsu_sl)です。

先日、金商登録抹消されたトラストレンディングから、問題となった案件の経過報告が届けられました。

もはや「信じる」というフェーズではないので期待を持って待つことは出来ませんが、せめて時期的な見通しぐらいは示してほしいですね。

それでは簡単に内容を確認していってみましょう。

背景

除染事業ファンドおよび公共コンサルファンドは、当社から貸付先に対して出資金合計8.6億円を貸付け、貸付先がそれぞれ事業統括会社および依頼元事業者に対して有する予定であった債権を担保としておりました。当社はこの債権について譲渡担保登記を完了しておりますが、対象事業が行われていない現状において、譲渡をうけた債権担保は実質的に無価値となっているのが実態です。

そうなんですよね、あれだけ信憑性を上げる感じで募集しておきながら案件自体存在しなかったという詐欺案件だったんですよね。

当然、実体がないので譲渡された担保も無価値となります。

追加担保の内容

・種別 : 不動産(土地)

・想定価格 :

1.約17~18億円 ・・・ 宅地を前提とした場合の参考価格

2.約4~5億円  ・・・ 宅地を前提としない条件での参考価格

上記情報は1TAS-MAP及び2不動産鑑定士による机上調査の結果であり、不動産鑑定評価額では ありません。また、上記金額で売却されることを約束するものではありません。

詐欺真っ盛りの状態の中、昨日上記のような不動産担保が新たに設定されたとのことです。

もう、、、何がなんだか。。。

経緯が気になりますが、一応不動産価格は極小の客観性が含まれているようです。

ただし、設定された謄本などのコピーが公開されない限りは信じませんけどね。

経緯

当社は、専門家の支援のもと、貸付先を被告とした民事訴訟提起と並行して資金の回収と返還のために取り得る対策を網羅的に検討して、その時々で最も有効と判断した対策を実施しております。その一環として、本件ファンドの対象事業を仲介した元取締役の山本幸雄氏に対して、貸付先が当社に対する資金の返還を完遂できるよう、あらゆる手立てを講じるよう迫って参りました。その一つの結果として、同氏より、貸付先の関係会社が所有する不動産(土地)を売却する際の売却益を、資金の返還にあてる計画がある旨の連絡を受けたため、当社としてはいち早く当該不動産に対する保全を講じるべく売却前に根抵当権の設定を申入れて実行した次第です。

なるほど、トラレンとしては騙された立場であり、騙した張本人である山本に対して詰め寄った結果、不動産売却で返済させるという手段を取らせることに成功し、それでも信用できないから素早く担保設定を入れた、、、ということでしょうか。

なんでしょう、、、民事訴訟は取引材料として弱そうですが、山本個人を刑事訴訟するとでも脅して詰め寄ったんでしょうか。

現在

なお、現在、貸付先と山本幸雄元取締役は、当該不動産の売却益にて資金の返還を実現するべく、より好条件での売却を目指して活動中です。売却の見通し等に関する新たな情報が確認できしだい改めてご報告させて頂きます。

今回の報告内容は以前の状態から比較すると、わずかに希望が見えた内容となっています。

ですが、所詮これらもトラストレンディングからの言い分であり、これを客観的に保証するとはいかないまでも、投資家側が客観的に判断できる材料が無いので信用できません。

事、これに至っては、トラレン債権を買い取り投資家へ返済するぐらいの対応でないと難しいですね。

2 Comments

jun

matsuさん
トラストレンディングはどこまで信じれるのでしょうか?

私は高速道路がほとんどですが、
このような詐欺にあってしまって
本当に悔しいし、人を信じられなくなってしまいました。

返信する
matsu

お気持ち分かります。
私自身、まさかこんなにも悪意めいた事態に巻き込まれるとは想像もしていませんでした。

すでに信用するという選択はないと思いますので、今後出される情報については第三者的担保などの証明が無い限り鵜呑みにはしません。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です