クラウドバンク口座開設マニュアル

匿名化が解消されたら投資先の視察&体験を経費化できると妄想すると楽しい

投資先の視察&体験を経費化

こんにちは、matsu(@matsu_sl)です。

人間っていうのは時折メンテナンスしないと、否定的悲観的懐疑的に偏ってしまうそうです。

特に最近は梅雨も明けたというのに、グリフラ&maneoの話題ばっかりで湿っぽいですね。

どーせソシャレンのことを考えるなら、もっと楽しいことも考えましょう(´ε` )

じゃあ楽しことって何でしょう?

そりゃあれですよ、やっぱり匿名化が解消されたらどーなるかって妄想することですよ。

特に経費のことを考えるとワクワクがイマジネイションで止まりません (*´∀`*)

分散投資を実行するために沖縄行きます

沖縄

日本国内においても地域性による分散投資効果は期待したいところです。

となると真っ先にに思いつくのが、アジアのハブとしても期待される沖縄県。

つまりポケットファンディングの案件を実際に確認することですね。

やっぱり大切なお金を投資するわけですから、汗を流して情報収集する労を惜しんではいけませんよね。

でもさすがに毎回視察するのは時間的制約もありますので、会社員なら連休を費やして本当は静岡に赴いて霊峰:富士の荘厳さに胸打たれる体験をしたいところをグッと我慢して、沖縄本島で視察といった選択肢を選ばなくちゃいけなくなるかもしれないのも辛いところです。

次にカリフォルニアもチェックしないと

カリフォルニア

いや、ほんと海外とか怖いから行きたくないんですよ。

LAとCAとか海外ドラマ見てると事件ばっかり起きてるじゃないですか?でも大切なお金を投資するわけですから、きちんと自分の目で見て判断しないと行けませんよね。

出来るのにしないのは怠慢だってどっかの偉い人が言ってた気もしますし。

だったら仕方ないですが行くしか無いですよね…

投資先物件にアクセスしやすい大都市に宿泊しつつ、地合いを肌で感じるためにレストランとかショッピングモールを積極的に体験し、複数人で視察に行くなら夜はバーとかで会議しなくちゃですし、投資判断の資料となる現地販売品は、余計な経費がかかりますが購入して持ち帰らなければなりませんよ。

となると交通費・滞在費なども経費として計上する形になりますよね…はぁ‥気が重い。

ハワイ案件とか募集されたらさらに出費がかさみますよ。

100万や200万円投資するかの判断なのですから、数十万円掛けて自分の目で確認するのは必然といっても過言ではありませんよね。

ガイアファンディング ガイアファンディングの評判・業績・投資情報まとめ

京都の民泊施設もチェック

商業系(宿泊関連)

ふむ、LENDEX

ずっと気になっていたのですが古民家を改築した民泊施設で9%?高くない?って懐疑的でした。これもやはり京都に足を運んで視察しつつ、できれば民泊も体験して判断したいものですね。

主にインバウンドを狙っているのですから、外国人が立ち寄りそうな場所にも目を通す必要がありますし、情報収集のために興味のないお店に入り興味のない物を購入しつつお店の方々から貴重なお話を伺う、といったことも必要かもしれません。

お店の人とは言え初対面の方と話すなんて緊張してストレスなんですが仕方ないですね。

さくらのゴルフ案件 in 北海道

 さくらのゴルフ案件

参考 【事業者B社向け 第39弾】事業性資金支援ローンへの投資さくらファンディング

例えば上記案件ですが、ゴルフなんて落ち目ですよ?プレーヤー数増えませんし一日がかりだし現代人には無理系なスポーツなんじゃないですかね。

それを押しても案件化して融資を募集する価値があると、そうおっしゃるわけですね。

ならば北海道ゴルフシーズンの夏に視察に行くしか無いですよね。

買収するコースをプレーして「ふむ、良いコースだ」と納得できれば良いですが、買収話はデリケートなので開示されないとしても現在所有しているコースを見定めればその企業の傾向などは分かります。

もちろんシーズンにプレーして直に客入りを確認するのがベストです。ゴルフ以外にお客さんを引きつける要素が近場にあるのかも確認しなくてはなりませんね。

札幌、旭川など大都市がアクセス圏内なら付加価値があるのでプラスと判断できるんですが、実際にプレーした後にそれらがメリットになり得るのか体感する必要もありそうです。

一人プレーは出来ないし、交通費と宿泊費がかかりますねぇ…お金稼ぐのって大変。

投資先企業をDB化しちゃおうかって考えてます

投資先企業も判明するなら、企業毎に募集内容や実績等をクローラーでも作ってスクレイピングしつつデーターベース化して今後参入されるSL投資家の投資判断にも役立ててもらう資料を作ろうかなって考えたりしています。

自分一人でやるのも趣味っぽくて好きですが、費用がかかるなら寄付型クラウドファンディングで募集してみましょうか(笑)

一口乗ってくれるかな?w

まとめ

こんな妄想しといて、匿名化解消の段階が投資先物件の情報公開まで届かないと残念すぎるのですが、さすがに現状のTATERU Fundingレベルまでは開示されるのでは無いでしょうか。

なら、十分ですかね。

いやはやSL投資家って大変ですな、こんなに体験しないと確かめられないことが多いなんて(›´ω`‹ ) ゲッソリ

振込手数料なんて気にならないくらい経費計上しちゃうじゃないですか…


以上、妄想ってことで・ω・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です