【12/27更新】ソシャレンお得キャンペーン情報

ソーシャルレンディングを1年経験して分かったこと、これから参入する初心者へ伝えたいこと

ソーシャルレンディングを1年経験

こんにちは、matsu@matsu_sl)です。

昨年の資産運用EXPOに出展していたクラウドバンクとの出会いから早一年。

思えば激動の年にデビューしたもんだと今更ながらに苦笑してしまいます。

せっかくなので最近感じたこと、そしてこれから参入しようとしている初心者の方へ伝えたいことを書いてみようと思います。

まあ私はまだ運が良かった方だと思ってます(*´∀`*)ノ

みんくれ&ラキバンの被害者を愚か者扱いしてはいけない

みんクレ&ラキバン事件は2018年のソシャレン業界において最も衝撃的な事件の一つでした。

私自身は参入時期が遅かったので被害は免れましたが、中には被害にあった投資家を欲に目がくらんだ愚か者扱いするようなSL投資家さんもいたように思います。

しかしながら、高利回りだからリスキー、低利回りだから低リスクというのは、ソーシャルレンディングに参加している投資家内の理屈であって、メジャージャンルの投資家からすれば利回り関係なく「出所不明な高リスク投資」という風にしか写りません。

みんクレ、ラキバンへ投資して被害にあった方々を他ジャンル投資家が愚か者扱いするのは止められないかもしれませんが、同ジャンルの投資家同士が馬鹿にするような姿は晒してはいけない。

それはまさに「目クソ、鼻クソを笑う」を体現する村社会的醜悪さであり、さらに投資ジャンルとしてのソシャレンを貶めるものであると思いますので。

新ジャンルゆえに仕方ないかもしれませんが、現役投資家であっても「世間から見れば怪しい投資法と変わりがない」「上場企業だろうがなんだろうが認知度の低さによる怪しさというものは払拭できていない」ということを再認識する必要はあるかと思います。

投資家の経験・力量・権利は無力に近い

また痛感したのは、ソーシャルレンディング投資のレベルアップには、ソーシャルレンディング投資の経験自体が役に立つことは少ない、ということです。

むしろ経験が長いほど被害に合う機会は増えていき、さらに投資経験に後押しされて投資額を増やしていくことで、結果的に被害額を増大させていると感じてきました。

自分的にはレベルアップしたと思っていても、それは惰性の悪循環、運要素が大部分を占めていたと思います。

投資ということで絶対はありませんが、少なくとも投資経験が投資技術の向上に寄与することがないという点では投資以上に得られるものがありません。

どれだけ経験があろうと知識が豊富であろうと、匿名化によって検証する材料が封じられてしまっているのですから無理もないことです。

一流のキッチンとシェフがいても食材がない感じ

長期的な展望における投資成功においては技術と経験が不可欠だと考えていますが、ソシャレンは構造的にそれらを鍛えることができないということに気付かされました。

100回くじ引きしたからって、くじ引きがうまくなるわけではないですよね。

くじを引く所作だけは磨かれますが結果は運次第なんですから。

金を借りる側を弱者として捉えた権利設定が諸悪の根源です。

初心者はあと2ヶ月我慢しよう

もちろん匿名化が全てではありません。

匿名化解消はあくまで指導の範囲ですので、その程度は事業者判断に委ねられますし、匿名化解消によって貸付先が明らかになったとしても、万一の場合の保全となる担保不動産等の情報が明らかにされるとは限らないからです。

また匿名化解消により事業者レベルの向上が促進されるかは未知数でもあります。

しかしながら、長年ソシャレンの暗部とされてきた仕組みが改善され潮目が変わるのが目前なのですから、それを確認するまで待たなければいけないのではないかと思います。

今、勇んで投資しようとするのは「ただの買いたい病」「ポジポジ病」でありどのジャンルの投資においても失敗する元凶とされるもの。

下記は不動産投資における「買いたい病」事例ですが通じるものがあります。

現時点の参入はトレードで言ったら完全に逆張りであり、しかもソシャレンですので逆張りの唯一のメリットであるリターン最大化の恩恵が全くない感じになってしまいます。

ソシャレン・クラファンへ投資するとお金が返ってくるまで1年ぐらいはかかるのですが、最初の選択で失敗するとその一年間もしくはそれ以上の年月を苦しむということになりかねません。

この2ヶ月を惜しんで性急に参入しても得られるリターンは2ヶ月ぶんの分配金、良くて数万円程度でしょうからこの2ヶ月を待てない方は、リスク&リターンの意識が低くそもそも投資に対する適正が低いのかもしれません。

上場企業や不動産クラウドファンディングは比較的安全かとも思いますが、今はその時ではないと自制することが大事でしょう。

初心者は後2ヶ月我慢して、匿名化解消による方向性と程度を確認してから参入すること。

それでも、何かしたい、居ても立ってもいられない、という場合には事業者主催のセミナーに参加するのも良いでしょう。

事業者主体なので都合の良いことばかりと懐疑的な方もいるかもしれませんが、ワタシ的には、

参加するプレーヤーを確認する絶好の機会

といった目的で参加することが多いです。

もちろん初心者セミナーがほとんどなので専門知識は同レベルだとは思うのですが、同じ投資に参加するプレーヤーを生で確認できるまたとないチャンスであると捉えています。

ソシャレンは他投資家と競って利益を上げるような要素は少ないですが、それでも自分の立ち位置を確認するためには参加プレーヤーと自身を比べるのが一番です。

年配の方が多いな、女性も結構いるな、同年代も…などなど、肌感覚で参加プレーヤーを確認できる絶好の場になると思いますよ!

CREAL

Funds(ファンズ)

SAMURAI

上記3事業者は頻繁にセミナーを開催していますので、よかったらチェックしてみて下さい。

後たった2ヶ月!

ゆっくり準備するには丁度よい期間だと思います。

どうか焦らないで。

2 Comments

けむけむ

「ただの買いたい病」「ポジポジ病」、私は「投資中毒」という表現を使っています^^

記事、本当にそのとおりと思っています。
何か認識違いしている人は、それを敢えてわからない振りをしているの?と裏の裏を読んでしまったり。

どうなるか分かりませんけれども、匿名化によって業界全体の透明性が良い方向に進んでくれることを期待しつつ。よくなりますよね?(笑

返信する
matsu

良い方向に進んでくれないと不動産クラファン、結局これまでと変わらず不動産投資というジャンルが進化するだけになってしまうので、個人的にはつまらない感じになっちゃっていやだなーって思います(^_^;)
ソシャレンで様々な事業に投資する感覚は楽しいですから投資手法としてレベルアップしてほしいです!

最近FXトレードを始めて、買いたい病、ポジポジ病、けむけむさん言うところの投資中毒が牙を向いて襲ってくるのを痛感しています。
トレードでなんとか耐性を鍛えたいです(笑)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です