クラウドバンク「旅行ギフト10万円キャンペーン」実施中

SBIソーシャルレンディングに300万円投資中!評判・実績・口コミなどまとめました

sbiソーシャルレンディング

matsu

こんにちは、matsu(@matsu_sl)です。

SBIソーシャルレンディングへは300万円以上投資中です。

SBIソーシャルレンディングの評判・実績・口コミなど、コレまで知り得た情報や体験談を混ぜながらご紹介していきたいと思います。

これから投資を始めたいという方に役立つ内容となっていますので、このページを参考にしながら成功へのステップを駆け上がっていって下さいませ。

 

SBIソーシャルレンディングとは?

SBIソーシャルレンディングトップページ画像

業界第2位!大手ソーシャルレンディング事業者です

SBIグループに属する企業でmaneoに続くソシャレン業界第2位の規模を誇ります。

最近はグループも力を入れ始めてきたのか、サイト改善などが行われており、近い将来maneoを抜いて1位になる日がくるかもしれません。

SBIソーシャルレンディングの基本情報

社名 SBIソーシャルレンディング株式会社
サービス名 SBIソーシャルレンディング
所在地 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー13F
代表番号 TEL:03-5549-2637
創立 2008年1月24日
役員構成 代表取締役 織田 貴行
取締役   渡部 一貴
取締役   佐藤 聡
監査役   阿部 純一郎
登録免許 第二種金融商品取引業 関東財務局長(金商)第2663号
貸金業 東京都知事(3)第31360号

第二種免許貸金業免許の2つを持っている会社は一社でソシャレン事業全てを執り行うことができるので基本的にスピーディーで強いです。

SBISLの他にはトラストレンディングが2つの免許を一社で保有しています。

matsu

グリフラ事件を振り返ると、第二種のmaneoマーケットと貸金業のグリフラ(エクスフロー)に分かれていることで、お互いに発する声明が食い違うなど、顧客にとってマイナスになるような出来事が多く発生しました。

SBIソーシャルレンディングの財務・実績情報

2015/3 2016/3 2017/3 2018/3
資本金 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
営業収益 13億9,538万円
当期純利益 1億4,287万円
利益剰余金 -5億6,526万円
-6億6,304万円
-6億5,366万円 -5億1,078万円
成立ローン総額
245億円 530億円
貸付金残高 31億円 51億円 111億円 210億円
投資家数 15,562人 29,880人

償還実績

168件 / 235件中

(償還件数 / 全案件数)

利益剰余金から判断すると2016年3月まで赤字続きでしたが、2017年3月には黒字達成していおり、2018年3月には黒字大幅拡大!っとかなり順調な業績を残している成功企業と評価することができるでしょう。

SBISLのファンドは基本12ヶ月以上の中期ファンドなのですが、営業年数5年以上ということもあって、全235件中の70%にあたる168件の償還実績を誇っています。

こういった実績から信頼度を判断することは大切なポイントです。

SBIソーシャルレンディングの良い評判・メリット

なんといっても安心のSBIグループ企業

SBIグループ企業

最初にもご紹介しましたが、なんといってもSBIはグループ企業であることが最大のメリットかつ良い評判の源になっている根拠であると言えるでしょう。

金融業においてSBIの名を関することがどれほどの信頼を得られることか、投資をされている方なら想像に難しくありませんね。

もちろん名だけではなく前述した通り、その名に恥じぬ実績を上げている成功した企業と評価できます。

業績・ファンド関連の情報開示レベルがめちゃ高い

情報開示レベルがめちゃ高い

参考 ファンド運用の実績SBIソーシャルレンディング

上記ページを見ると分かるように情報開示レベルがアナリスト級ですごいんです。これを見れば今日までどのような歩みを経て成長してきたのかよく分かります。

またファンド詳細ページも一問一答形式で初心者にも理解しやすい構成になっています。

こういった自らの情報を積極的に開示する企業姿勢こそ、非上場企業にとっての信頼構築の大前提だと評価できます。成功する会社はこういったところがしっかりしてますよね。

ファンドが4種類なので分かりやすい

ファンドが3種類なので分かりやすい

現在のメインファンドは、不動産取得・開発系、太陽光やバイオマスの再生エネルギー系、そして不動産担保の貸金系です。

不動産担保ローン事業者ファンドPlus

SBIソーシャルレンディングのメインファンドと言えばコレ!不動産を担保にローン事業を行う事業者へ事業資金を融資するファンドです。実績・LTV・募集金額・運用期間も1年程度と申し分なく、SBI投資するならこのファンドをメインにすると良いでしょう。

メガソーラー&バイオマスローンファンド

SBIソーシャルレンディングが玄海インベストメントアドバイザーと協業して組成する「かけはし」シリーズのファンドです。再生エネルギー系なので担保は期待できませんが、利率もちょっと高めで運用期間も1年程度なので初心者には投資しやすいでしょう。

不動産バイヤーズローンファンド

不動産売買を行う業者へ転売用不動産の取得資金を融資するファンドになります。運用期間はLTVなどは比較的厚く取られているので安全性は高いとされていますが、運用期間が2年近くになるので初心者向きでは無いかもしれません。

また現在、SBISLで唯一の法人によるデフォルトを発生させたファンドとなっており、今後の動向に注目が集まっています。

不動産ディベロッパーズローンファンド

土地や建物を取得し、不動産の開発等を行う事業者向けのローンファンドになります。運用期間も2年近くと長くLTVも100%近いものが多いので初心者の方はよく吟味して投資して下さい。

  • 不動産系、貸金系、再生エネルギー系
  • 金利は6~7%
  • 営業者報酬 はだいたい1%

何十種類もファンドが用意されるのも良いとは思いますが、初心者には限定されていたほうが吟味しやすいですし労力も少なく喜ばれるでしょう。

それぞれ数億円単位の募集で他SL会社と比べても多いのですが、募集が殺到する現状では供給不足で需要オーバーとなっています。

全案件は基本的に担保ついてます

基本的に担保ついてます

強調して明示してはいませんが、SBISL募集ファンドは基本的に担保付きとなっています。

LTV比率は低いもので70%高いもので99%といった具合です。あくまで表面的な比率ではありますが、説明ページでも積極的にその比率を開示しているので投資判断に役立てることが出来ます。

負債200億円突破で大企業の仲間入り

大企業の仲間入り

会社法によると資本金5億円以上または負債200億円以上は大企業として分類されるので、以下のプレリリースによりSBIソーシャルレンディングも大企業の仲間入りを果したことになります。

参考 ソーシャルレンディング事業における融資残高200億円突破のお知らせSBIソーシャルレンディング

大企業になると、会計監査人の設置義務内部統制システム設置義務、が発生するので、SBIの看板に加えてより一層の信頼を集める要因となりそうです。

SBIソーシャルレンディングの悪い評判・デメリット

ファンドに申し込めるかは運次第

ファンドに申し込めるかは運次第

数億円のファンドなら募集開始10分以内満額成立募集金額を全て満たした状態のファンドを「満額成立」と呼ぶ。一般的... More してしまうほど人気のソシャレン会社なので、毎回クリック合戦、椅子取り合戦が発生しています。従って初見の方は予め画面の操作方法などを把握しておくと申込みが少しスムーズになり確率も上がるかもしれません。…以下敗戦の記録ですが参考に…

sbiソーシャルレンディング 買えない方必見!SBIソーシャルレンディングのクリック合戦の勝ち方をキャプチャで説明します

サイトが使いづらい

サイトが使いづらい

SBIソーシャルレンディングのサイトはでユーザビリティが低く、特にスマートフォンユーザーにとってはイライラするものになるでしょう。

でも、現在のサイトは一応改善した後なので以前よりは良くはなっています。

デザイン的な操作性というよりコンテンツ整理から始めてくれると、きっとすっきり使いやすいサイトになると思うんですが…

不動産担保ローンの早期償還が多い

早期償還が多い

SBIソーシャルレンディングの代名詞とも言えるファンドで、最も信頼性と実績を兼ね備えているのですが、運営が確かすぎるのか早期償還が当たり前のファンドとなっています。

私も3,4件投資してましたが数ヶ月で30%ぐらい償還されたり、全額返済とかあったりと、中々期日通りに投資資金を働かせることが出来ません。

しかしローンファンドとしての実績は数年来持っていますので、私は下記の決意で今後共ぶん回していこうかと考えております。

SBISLの不動産担保ローンPlusは全力でぶん回していくファンドと認識しました

募集開始が平日10時!会社員には厳しい

募集開始が平日10時!

これはかなり評判悪いですね。というのも一般会社員は平日10時といったらガンガン仕事中なので、募集合戦に参戦もできないという顛末もよく耳にします。

ただでさえ大人気のソーシャルレンディング事業者で数分で募集埋まったりしますからね。せめて夕方に開始する案件も出して欲しいとの希望には超同意します。

注目される「7月デフォルト案件」の行方

デフォルト案件

参考 一部の借手からの利息の支払がなされないことに伴う分配不能のお知らせSBIソーシャルレンディング

さて、さる2018年7月9日、ソシャレン業界に激震が走りました。

上記ページで知らされているように、イエーイ安全と思われていたSBISLで債務者がバックレてデフォルトが発生したのです。

しかしながらソーシャルレンディングでデフォルトはあるもの

改めて、この最初から内包されているリスクが現実化しただけなのですが‥

‥発生したタイミングが超悪かった(›´ω`‹ ) 

  • 負の連鎖1
    7/6 maneoマーケットにSESCから勧告
  • 負の連鎖2
    7/9 SBISLでデフォルト
    グリフラ&maneo事件の間に発生してしまった
  • 負の連鎖3
    7/13 maneoマーケットに業務改善命令

でも、不正とか法律違反ではないんですよ?

性格な例え比較にはなりませんが、株で言えば株価が下がったといった類の話です。それをグリフラや関係のないICOも絡めて報道する日経新聞‥ほんといい加減で呆れる。

参考 弊社に関する報道についてSBIソーシャルレンディング

しかし幸いにも東京都内に貸付金以上の不動産担保があるので、今後それがどのように換金され、どのように投資家に影響を及ぼすのか。

その結末に全ソシャレン投資家が注目しています。

ちなみに私はクリック合戦に敗れてデフォルト案件に申し込めなかったというエピソードを持っています(;´Д`)タスカッタ

matsuの見解は

お金を貸すのだから返済されないリスクがあるのは当たり前ですが、これまでそういった事案が何年もなかったので必要以上に大きく取り上げられたようです。しかしながらこれは正常なソシャレン投資の一環。逆にデフォルト案件が大手SBISLで起きたことで業界の指針を占えると、matsuはある意味好意的に注目しています。

SBIソーシャルレンディングの口コミ・評価は?

ツイッターでの評判・口コミ

matsu

こないだのデフォルト関連以外だと悪い噂は見当たりません

SBIソーシャルレンディングでの投資方法は?

sbiソーシャルレンディング 買えない方必見!SBIソーシャルレンディングのクリック合戦の勝ち方をキャプチャで説明します

サイトが使いづらいのもありますが、投資申し込みも結構独特な手順を踏んでいくのでちょっとむずかしい印象です。

初めて投資する方は、ぜひ上記ページのキャプチャ説明を参考にチャレンジしてみて下さい。

申込み方法はともかく、投資金は申し込んだ後に振り込む形式なので、この点は申し込みやすいと言えるでしょう。

300万円投資している管理人の口コミ(生)&実績

半年も立たない内に350万円投資して30万円ぐらい早期償還されましたが、投資業務に関しては不満と言えるものはありません。

分配金も毎月1万数千円獲得出来ています。

matsuのSBISL投資ファンド

・SBISLバイオマスブリッジローンファンド3号
・SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus 15号
・SBISL不動産ディベロッパーズローンファンド4号
・SBISLメガソーラーブリッジローンファンド13号
・SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus 16号
・SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus17号
・SBISL不動産バイヤーズローンファンド 24号
・SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus18号

早期償還はウェルカム、こちらが回転率上げていけば良いのかと考えています。

まあ多くの方もおっしゃっているように、強いて不満を上げるならやはりサイトが使いづらい点でしょうね。

というのも他の事業者のサイトが結構使いやすいものが多いので、それらと比較するとどうしても見劣りしてしまうのが原因とも言えそうですが。

せめて分配金の合計とか見れるようにしてくれると、投資モチベーションも高まるのでよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です