SAMURAI令和キャンペーン!500円分QUOカードプレゼント!

SAMURAIで一括分配ではなく期中分配ファンドも組成されるようになりました

期中分配ファンド

こんにちは、matsu@matsu_sl)です。

すでにお気づきの方も多いかもしれませんが、先日SAMURAIで募集された不動産担保ローンは償還時一括返済&分配ではなく、期中分配も含んでの18ヶ月ファンドといったものでした。

参考 SAF不動産担保メザニンローンファンド1号SAMURAI

説明を見ると(上記赤丸)2019年末に一回分配金が発生するとのことです。

以前は全て償還時に一括分配という形だったため分配金受取リスクもあったのですが、期中分配案件が増えてくればそのリスクも軽減するので、よりSAMURAIへ投資しやすくなるでしょう。

また実質金利を明示している点も凄いことだと思います。

これには募集者としてのSAMURAIの手数料SAFが融資する際の融資実行手数料も含まれているのですから事業者としては全ておっぴろげた状態です。

オーナーズブックは募集手数料は取らず融資実行手数料のみ、みんなが低金利すごい!っていってるSBIソーシャルレンディングは募集手数料のみの公開ですからね、たしか融資実行手数料は公開していないはず。

そういったブラックボックス(?)的なものまでまとめて開示してるんですから潔いですよね。

融資実行手数料‥

自分は昔ファイアフェレットさんに教えてもらって学びましたが、ソシャレンやっている人でこれを意識している人って少ないと思います。

これを換算して初めて借り手の最終負担が分かり、その利回り的なリスクが判断できるので結構な重要ポイントだと思うんですが、、、話題に全然あがりませんね(;´∀`)

やはり与えられた情報の範囲を超えるのは難しいってことでしょうか。

・・・

まだ新潮流が始まって間もないですがSAMURAIの情報開示姿勢はすばらしいですね。

案件開示レベルも感嘆するのですが、その開示される情報に安心感があるのが高い評価を得ていると思います。

引き合いにだして悪いですが、クラウドバンクで開示された情報を見ると「お、おぅ…」って感じのもあるので(;´∀`)

基本的に業績が安定したり調子の良い企業を貸付先として選定している姿勢が頼もしいです。

最近は適度なスピードで満額成立していますし、この調子だと5月10日に募集される債権保証型ファンドにも大いに期待しちゃいますね。

上場企業傘下&第一種金商だし、今後のソシャレン業界に頭角を示していくのは間違いないでしょう。

※当ブログの内容は個人の評価・感想に基づくものであり、商品の詳しい内容は SAMURAIホームページの商品概要・重要事項をご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です