【GEKIATSU】Amazonギフト券500円分プレゼント!

「人生100年時代における資産形成」が屠られようとされている件について

こんにちは、matsu@matsu_sl)です。

先日取り上げた人生100年時代における資産形成」について、なんか国会でも議論を巻き起こし、ついには与党圧力で屠られようとされているようですね。

麻生さんのドヤ顔会見はなんだったのか、、、そして「不適切」として屠られる「良心的なレポート」はこのまま存在してくれるのか。

もし屠られるのなら、レポート制作に関わった税金は無駄になりますね(;´∀`)

あのレポートは2015年時点での試算なので、年金制度が積立式にでも変わらない限り、私達現役世代が直面する時期には、さらに過酷になっている可能性が高いと思います。

中には「毎月5万円パート・アルバイトすればいいじゃん」とか「若者意見」で老齢を語る人もいますが、、、、これは元気なときにしか言えない言葉ですよ(^_^;)

100年大丈夫」のキャッチフレーズは確か小泉政権時に語られていたんでしたっけ?

それを嘘だ詐欺だというのも少し見当違いなのかな、、、だって100年大丈夫って「生活を保証する」みたいな意味ではなく「100年制度は続きますよ、先細りしながらでも。。。」って意味だと私は思っていましたので。

現役世代なら当然年金に希望なんて抱いていないので当然の感覚でしょう。

でも希望を抱いていなくても考えるのが面倒くさくて手頃な批判材料に乗ってしまうこともありますけどね。

やはり長期的な目線で生活スタイルや体力の衰え等を鑑みると、投資かビジネスオーナーになって労働所得以外で月10万円ぐらいは目指していきたいところですね。

投資がもっと一般的に広まり手段として身近にあるものなら、金融庁のレポートも受け入れられやすくはあるんでしょうが、現状の日本人の投資に対する姿勢などを考慮すると、やはり以前にも書いたようにいきなりこういう発表をするのではなく、もっと前から徐々に話題にのぼるように仕掛けていく必要は合ったのではないかと思います。

個人的にも、現在の日本人のマインドでは置いてかれる人の方が圧倒数だと思うので、やはりベーシックインカム的な仕組みの方が良いかもですね。

年金原資に運用して50兆円ぐらい利益は出ているようですが、これを現金化できるのかもまた難関になるような気がしますので、もっと政府機関で小分けに運用してく方法も試してもらいたいと思います。

ん、たしかどっかの省庁がやって損失だしてましたが、きちんと金融のプロをやとって実施してもらいたいですね。

2 Comments

SALLOW

概ね同意します。そもそも賦課方式である以上、現在の人口動態と将来の予想を考えれば現在の給付水準が続かないことは当然で、言い方は悪いですが「ふつーに考えたら分かるだろ」というものでしょう。
税金の使い道には言いたいこともたくさんありますが、ではその状況を(年金制度を含めて)変えられるかといえば簡単ではないわけで。
なら、環境を変えるより自分を変えようと考えるのがリーズナブルだと思うのですが、これにかこつけて政権批判や社会不安の煽動を行う動きがあり、さらにはそれに乗ってしまう方が一定数いるのが残念です。
(しかしこのレポートの中身を論理的に受け取ると、結論は「日本の内需は先細り、少子化は加速する」ということになってしまうので、その点は強力な対策が必要ですね)

返信する
matsu

人間にとっての合理性とは知性発達前に培った感覚がベースになっていると思います。その最たる物は速さと表現するべきなのでしょうか、野生では物事に時間を掛けると命の危険性を高めるため例え合理的でなくとも是とするんでしょう。
考える・疑うということは体の動きが止まり最もエネルギーを消費する行為なのでこれを避ける衝動は否定できませんが、「人間性」を培う上でも出来るだけこれに抗っていきたいものです。
自分を変えられる人間っていうのも自然的に一定数に限られるんでしょうね、そうやって古いコミュニティと新しいコミュニティといった形で人間は分布してきたと思いますので。
できれば自分の子供達には国としての「活気」を感じさせてあげたいものですけども(^_^;)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です