【2018】ソーシャルレンディングお得キャンペーン情報

【最新版】2018年ソーシャルレンディング事業者”信頼性”ランキング

ソーシャルレンディング事業者信頼性ランキング

こんにちは、matsu@matsu_sl)です。

これからソーシャルレンディングを始められる方のために、事業者リスクをできるだけ回避して頂く目的で2018年におけるソーシャルレンディング事業者信頼性ランキングを作成致しました。

あくまでベースは私の偏見によるものですが、スコアリングなども行い多少客観的にランキングを作成したつもりです。それではランキングの前提条件などからご説明します。

10/25 修正

LCレンディングの業績について2017/3期を該当させてスコアリングしていましたので修正しました。それに合わせてランキングも少し変動させました。

ランキングのスコア条件

評価項目

評価項目 スコア内訳 備考
運営形態 東一上場G、上場G、証券会社 事業者の仕組みを評価
業績 連続黒字、黒字、赤字 事業者の健全性を評価
営業期間 5年以上、3年以上、1年以上 事業者の歴史を評価
償還実績 大、中、小 過去の実績を評価
情報発信 大、中、小 投資家への姿勢を評価
後ろ盾 特殊、あり、なし 第三者による抑止力を評価

運営形態、業績、営業期間、償還実績、情報発信、後ろ盾の計6項目事業者の信頼性をスコアリングしてランキングにします。

スコア内訳は各3段階左から、3,2、1ポイント付与される形にします。

それでは各事業者をスコアリングしてみましょう。

評価項目を元にスコアリング

maneo SBISL Cバンク Oブック LCレン Cクレジット Tレンディング SAMURAI Lendex ポケット
運営形態 0 3 1 2 2 0 0 1 0 0
業績 3 3 2 3 2 1 3 1 2 1
営業期間 3 3 3 2 2 2 2 1 1 2
償還実績 3 2 2 1 2 1 1 1 1 1
情報発信 1 1 1 2 1 3 1 3 1 1
バックボーン 2 2 1 2 2 2 3 2 1 1
合計スコア 12 14 10 12 11 9 10 9 6 6

上記のような結果になりました!

それでは解説を付けてランキング形式でご紹介していきます。

ソーシャルレンディング信頼性ランキング発表!

1位. SBIソーシャルレンディング

堂々の1位は14ポイントを獲得したSBIソーシャルレンディングです。

スコア 備考
運営形態 SBIグループ企業 & 大企業要件を満たしている
業績 2期連続黒字!
営業期間 5年以上の営業
償還実績 約400億円の償還実績あり
情報発信 情報発信は少ないが必要情報は的確に発信する
後ろ盾 SBIグループという後ろ盾&抑止力

業界1位のmaneoと比較すると償還実績には劣るものの、連続黒字であったり事業者としての歴史を5年以上刻んでいたりとほぼ同格ですが、やはり最後はSBIグループ企業という運営形態によって信頼性を勝ち得た形になりました。

ソーシャルレンディングの信頼性においてSBISLに勝る者は存在しないでしょう。初心者にも安心してオススメできる事業者ですので、ソーシャルレンディングを始めるならこちらからスタートしてみて下さい。

2位. maneo & オーナーズブック

続いて12ポイントで同着2位を獲得したのは、maneoオーナーズブックです。

maneo業界1位であり業績や歴史、償還実績が評価されてのランクイン。現在行政処分中なのでベンチャーキャピタルの抑止力については疑問を持っています。ほんとにあるのかな?って(・_・)..?

スコア 備考
運営形態 上場企業グループでも証券会社でも無いため
業績 連続黒字!
営業期間 5年以上の営業
償還実績 約1000億円の償還実績あり
情報発信 現在は情報発信に期待できない
後ろ盾 GMO、SMBCベンチャーキャピタル等の後ろ盾&抑止力

オーナーズブックは、やはり上場企業の信頼性セミナーなども定期開催している情報発信姿勢、そして業績が評価されてのランクインになります。

スコア 備考
運営形態 マザーズ上場企業ロードスターキャピタル社が運営
業績 連続黒字!
営業期間 3年以上の営業
償還実績 上位に比べるとまだ少ないが償還実績あり
情報発信 セミナーを定期開催、顔の見える情報発信力あり
後ろ盾 上場制度による規範や管理体制など

同点ではありますが、現在maneoは行政処分中ですので、自然とオーナーズブックに軍配が上がるでしょう。短期間のファンドでしたら初心者の方にもチャレンジしてもらいたい事業者です。

4位.  LCレンディング

11ポイントで単独4位に輝いたのがLCレンディングです。

LCレンディング上場企業グループで信頼性も高いのですが、直近の親会社の業績が赤字だったのが響いた形になります。

※業績について2017/3期のものを提要させていたので2018/3期のものに変更してスコアを修正しました。

スコア 備考
運営形態 JASDAQ上場企業LCHDのグループ会社
業績 2 親会社が直近決済で黒字
営業期間 3年以上の営業
償還実績 約100億円以上の償還実績あり
情報発信 春先まで運営されていた社長ブログが終了したため情報発信力は弱い
後ろ盾 上場制度による規範や管理体制など

5位. クラウドバンク & トラストレンディング

10ポイントで同着5位に並んだのが、クラウドバンクトラストレンディングの2者です。

クラウドバンクについては、証券会社という運営形態実績歴史などは評価されますが、最終的に後ろ盾となる出資者が居ないことがネックになっての同位置です。

スコア 備考
運営形態 第一種免許を持つ証券会社
業績 今期黒字化!
営業期間 5年以上の営業
償還実績 約200億円の償還実績あり
情報発信 自社運営の金融情報サイトなど持つがセミナー開催など投資家と顔合わせる情報発信が無い
後ろ盾 後ろ盾はないが第一種金商の管理体制は評価されるべき

対してトラストレンディングは少し特殊な評価になりまして、バックボーンが最大得点となっています。これは私の偏見ではありますが、元役人で固められた経営陣は実益を伴った後ろ盾として評価されると考えました。更には貸金業として10年近い歴史を持ち、連続黒字を記録していることが前述2者と肩を並べる評価に繋がりました。

スコア 備考
運営形態 上場企業グループでも証券会社でも無いため
業績 連続黒字!
営業期間 3年以上の営業
償還実績 上位に比べるとまだ少ないが償還実績あり
情報発信 適宜情報発信は的確だがセミナー開催など投資家と顔合わせる情報発信が無い
後ろ盾 特殊な経営陣という後ろ盾&抑止力

7位. クラウドクレジット & SAMURAI

9ポイントで同着7位なのが、クラウドクレジットSAMURAIです。

クラウドクレジットは、セミナーやメディア発信などの情報発信力とバックボーンが評価出来ると思います。

スコア 備考
運営形態 上場企業グループでも証券会社でも無いため
業績 赤字!
営業期間 3年以上の営業
償還実績 上位に比べるとまだ少ないが償還実績あり
情報発信 セミナーやメディア露出など発信力が強く積極的
後ろ盾 伊藤忠、三菱UFJ、マネックス等のベンチャーキャピタル

SAMURAIについては、上場企業で証券会社という高スペックを持ちながらも実績や歴史が浅いことと、親会社が上場企業とは言え赤字続きであることがマイナス評価になりました。

スコア 備考
運営形態 上場企業グループ&証券会社という組合せだが親会社は業績が悪いため
業績 赤字!
営業期間 1年以上の営業
償還実績 上位に比べるとまだ少ないが償還実績あり
情報発信 セミナーを定期開催、投資家へ向けた情報発信に積極的
後ろ盾 上場制度&第一種金商による規範や管理体制など

9位. LENDEX & ポケットファンディング

6ポイントで9位がLENDEXPocket Fundingです。

▼LENDEX評価内訳

スコア 備考
運営形態 上場企業グループでも証券会社でも無いため
業績 黒字!
営業期間 1年以上の営業
償還実績 上位に比べるとまだ少ないが償還実績あり
情報発信 新規投資家獲得に向けた情報発信は弱い
後ろ盾 特に無し

▼ポケットファンディング評価内訳

スコア 備考
運営形態 上場企業グループでも証券会社でも無いため
業績 不明
営業期間 まだ開始1年程度だがノンバンクの経歴を考慮してポイントアップした
償還実績 上位に比べるとまだ少ないが償還実績あり
情報発信 新規投資家獲得に向けた情報発信は弱い
後ろ盾 特に無し

両者とも運営形態と後ろ盾に劣る分、より投資家に向けた情報発信の強化が期待されます。

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。

今回のランキングはスコアリングで多少客観性を見出そうとしていますが、根本が私の独断評価がベースとなっているので、人によっては意見が異なるものと思います。

しかしながら、1位であるSBIソーシャルレンディングの信頼性については、多くの投資家に納得して頂ける結果となっていると考えます。

あくまで一投資家のランキングとして御覧頂いても、これから始められる初心者の方の参考にして頂けるのではないでしょうか?

matsu

という訳で、ソシャレンやるならSBISLは絶対欠かせません!

2 Comments

matsu

あーこれは申し訳ございませんでした。2017/3の決算を該当させていました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です