SAMURAI令和キャンペーン!500円分QUOカードプレゼント!

SBIソーシャルレンディングが遅延案件から5億5,200万円回収!速い!さすが!

SBIソーシャルレンディングが遅延案件から5億5,200万円回収

こんにちは、matsu@matsu_sl)です。

本日は紛れもない朗報をお伝えできそうです(*´ω`*)

参考 <進捗4>SBISL不動産バイヤーズローンファンドの延滞債権の回収についてSBIソーシャルレンディング

20日に挙げられたお知らせによると、遅延案件の債権から5億5,200万円を回収することに成功されたとのことです。

貸付額 遅延額 今回の回収額 遅延残高 償還予定日
16号 9億5,200万円 4億5,500万円 3億7,300万円 8,200万円 2018/10
17号 5億8,500万円 7,000万円 7,000万円 0 2018/10
18号 1億6,000万円 8,800万円 8,800万円 0 2018/11
19号 3億1,100万円 1億3,600万円 0円 1億3,600万円 2018/12
20号 1億9,150万円 1億3,950万円 2,100万円 1億1,850万円 2019/1
21号 6億7,000万円 7,000万円 0円 7,000万円 2019/3
22号 3億2,000万円 2億9,700万円 0円 2億9,700万円 2019/4
合計 31億8,950万円 12億5,550万円 5億5,200万円 7億350万円

今回の回収方法は担保物権を現金化したのではなく、債権を債権回収会社(サービサー)へ元本相当額で売却したとの記載があります。

みんクレのサービサー譲渡で3%という前例が直近にあったために、元本相当額で回収なんてまじですか??と驚きましたが、あれはみんクレがひどすぎたんでしょうね。

サービサー売却でも実態があれば3%なんてあり得ない、加えて今回の遅延債権は担保物権もあり、なおかつSBIソーシャルレンディングの回収能力が高かったと評価して良いのではないでしょうか。

しかしながら、問題発生から約2ヶ月で約45%の元本を回収できたのは素人目から見ても驚異的です。(同時期に発生したGとかMの事案は進捗ゼロなのに…)

また17号・18号に関して返済完了できたのもすっきりして良いですよね。

SBIソーシャルレンディングの遅延ファンド情報を分析 SBIソーシャルレンディングの遅延ファンド情報を分析してみると22号が試金石になりそう

後は上記記事でも述べているように、問題企業のみが参加している22号案件がどのように回収されるのか。

注目していきたいと思いますが、仮に22号が全損でも他で全て回収出来たら回収率70%近くに達するので、遅延事案の処理としてはある程度納得はできそうですかね。

22号のみに投資している方にはダメージでかいでしょうが(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です