【GEKIATSU】Amazonギフト券500円分プレゼント!

【相変わらず】なんでクラウドバンクのカリフォルニア不動産ファンドは”円建て”の方が人気なのだろうか?【今超円高】

こんにちは、matsu@matsu_sl)です。

先日から600億円キャンペーンに「カリフォルニア不動産ファンド」が追加されました!

クラウドバンクといえば米国不動産に投資できる事業者としても認知上がっていますが、当初は「米ドル建てで米国不動産に投資できる!」っていうのがウリだったんですよね。

しかし、ユーザーからの要望により「日本円で投資して日本円で配当金をもらう」ファンドが後付で創設された経緯があります。

そんで、何故か円建ての方が人気なんですよね。

これは昨夜までの募集状況のSSですがやっぱり円建てファンドの方が人気です。

全部日本円で運営するならなんら問題は無いんですが、このファンドは結局「米ドル」で根本的な運用を行うので、必ず為替の影響を受けることになります。

となると毎月の配当金が10$だとしても、配当の瞬間のレートが安定しないと金額も一定しません。

しかも償還時に投資時より円高が大幅に進んでいたのなら、恐らく元本割れを起こすでしょうし、たぶん配当金でも足りないんじゃないでしょうかね。

その点、米ドル建てだと自分が好きな時に円に交換できるので為替リスクを円建てよりはコントロールできるようになります。

ほんとなんで明らかに優位性の低い方へ人気が集まるのか疑問に思ってたんですが、その理由として

1.米ドル、、、なんか怖い

2.ヘッジがされてると勘違いしてる

3.配当金が米ドルだと再投資シヅライ

この3点、特に1番めが大きな理由だったりするのかなって。

自分的には3がちょっとつらいかなとも感じてきていますが、結局、日本円でもらうなら同じことですからね。

再投資を円滑にするには米ドル建てファンドへより多く出資して、最低投資金額を上回るようにする必要があります。

ただ、この時期、声を大にして伝えたいのは、

今、超円高です(;^ω^)

流れ的にもう少し円高行くかもしれませんが、1年後とかには円安になっている可能性も低くはありません。

だからカリフォルニア不動産投資するなら、絶対米ドル建てがオススメでございますよヽ(*´∇`)ノ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です