【SAMURAI】サマーキャンペーン!3,000円分QUOカードプレゼント!

【英首相選挙】最有力ボリス氏は「合意無き離脱」も容認姿勢【4人に絞られる】

こんにちは、matsu@matsu_sl)です。

6月 17日〜6月21日までのくりっく株365FTSE100のパフォーマンスをご紹介します。

それでは今週のパフォーマンスを確認してみましょう。

6/17週のFTSE100の状況

配当や金利

今週 先週 先々週
配当金 190 454 716
金利相当額 175 168 179
適用金利 1.23% 1.18% 1.29%

口座状況は6月22日のものです。

今週は190円配当金ゲット!!

7月は配当金が少ないですが、その翌月、8月は年間で最も多い配当金を貰える月ですので、クリック株に興味ある方はそろそろアップを始めると良さそうです。

2018年は、配当金3万945円金利相当額8,729円ですので、差し引き2万2,216円の利益が出た結果となりました。

20万円で1枚建ててれば年利回り10%超え、15万円で1枚なら年利回り15%弱といったパフォーマンスになるので魅力的です。

くりっく株365初心者が知っておくべき「配当」に関する諸情報 くりっく株365初心者が知っておくべき「配当」に関する諸情報まとめ

FTSE100の1時間足チャート

比較的安定した流れになったようです。

こういうときにポジション持つと安心して経過観察できますよね。

まとめ

次期首相選挙(保守党党首)はボリス・ジョンソン前外相ジェレミー・ハント外相マイケル・ゴーヴ環境相サジド・ジャヴィド内相の4人が選出されました。

この中で最有力として見られているボリス氏は前回選挙よりも票数を伸ばしており、このまま進めば高い確率で次期首相に収まる見込みです。

しかし、このボリス氏は「合意無き離脱」も辞さない姿勢であり、何か突発的なアクションによって英国の行く末を決定づけてしまうといった恐れも抱かれています。

ちなみにボリス氏は英国王室の血統も備えており、エリート中のエリートと呼べるのですが、その破天荒というか天衣無縫?みたいな雰囲気が国民からは人気を得ているようです。

なんか風浪からも雰囲気が読み取れますよね(笑)

くりっく株365に興味ある方は

株価指数CFD「くりっく株365」で安定した10%複利投資を狙っていく

を御覧ください。

また口座開設して運用するなら岡三オンライン証券がツールや情報も多いのでオススメです。(たぶんスタンダードな選択です)

くりっく株365の配当狙いならどの証券会社が最適か比較してみたい くりっく株365の配当狙いに最適な証券会社を比較すると入金サービスで差別化できた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です