【12/3更新】ソシャレンお得キャンペーン情報

【月3万円】ソーシャルレンディングで光熱費などを相殺するのに必要な資金や金利は?

生活費3万円

ソーシャルレンディング小遣い【月1万円】ソーシャルレンディングで小遣い稼ぎに必要な資金は?必要金利別のおすすめランキングも

前回上記記事で1万円を毎月得る計画を立てましたが、今回は3万円を得る計画を立ててみたいと思います。1万円ならお小遣いの範疇ですが、3万円になると何かしらの生活費(光熱費やNHK料金など)を相殺できる金額です。

これを積み重ねれば夢の配当金生活、、ぜひ実現してみたいですね!

それではソーシャルレンディングで月30,000円の利益をあげるのに必要な条件と、それに見合うソーシャルレンディング会社のランキングをご紹介したいと思います。

月3万円ゲットに必要な条件

月3万円

ソーシャルレンディングにかかる税金

サラリーマンの平均年収が400万円台なので所得税率を20%住民税を10%すると月3万円ゲットするためには税引き後で36万円税引き前で年間51万4千円の配当金を確保しなくてはなりません。

税引き後利益

3万円 ✕ 12か月 = 51.4万円 ー (51.4万円 × 0.3)

では、この金額を稼ぐために必要な資金、そして金利にはどのような関係があるでしょうか?

必ず確定申告しましょう

年間収益が20万円越えて50万円となると必ず確定申告を行わなくてはなりません。きちんと毎年処理しないと5年ぐらい泳がされて延滞税付けてまとめて徴収される可能性が高くなります。

青色申告なら36万円で目標達成

青色申告を行うと課税対象から65万円差し引くことが出来ますので、ソーシャルレンディングで源泉徴収された20%の税金を取り戻すことが出来ます。実質非課税になりますので年間目標は36万円で月3万円を得られる計算になります。(ただし事業所得として処理する必要あり)

51万円の配当を得るための投資額と必要な金利表

投資額 平均金利 平均金利(青色ver)
500万円プラン 500万円 10.2% 7.20%
50万円プラン 650万円 7.90% 5.53%
800万円プラン 800万円 6.42% 4.50%
1000万円プラン 1000万円 5.14% 3.60%

500万円以下の投資金額では実現困難であるようです。

青色申告ありなし(ありの場合は36万円の配当を得るための金利)で金利を出してみましたが、申告しない場合いかに税金が足かせになるのかがよくわかります。

matsu

無条件に3割持ってかれるのって??現在実効税率50%超え…おかしいね!恩恵感じにくいね!

大台の1千万円まで伸ばしましたが、この金額を投資して月額3万円に押さえておくのは勿体ないのでこのプランの解説はしません。

今回は500〜800万円の範囲で投資プランを立ててみたいと思います。

各プラン別おすすめソーシャルレンディング会社ランキング

各プラン別

500万円プラン

必要金利は10.2%以上!

高金利帯のトラストレンディンググリーンインフラレンディングクラウドリースの3社に、中金利帯のmaneoSBIを組み合わせるプランが最適であると考えます。

高金利帯の平均金利が12%とし、配分を調節すると、

高:中の配分 高金利帯配当 中金利帯配当 中金利帯の必要金利
200万:300万 24万円 27.4万円 9.13%
250万:250万 30万円 21.4万円 8.56%
300万:200万 36万円 15.4万円 7.70%
350万:150万 42万円 9.4万円 6.27%

高金利帯3社の配分を半分以上にしないと、maneoやSBIを絡めての目標達成は難しそうです。一般的にはmaneoやSBIは信頼感が高く投資額を厚くする傾向にありますが、500万円プランだとそれとは違って少し攻めていく投資計画になりそうですね。

私がこのプランで実行するなら、300万:200万の配分で、高金利帯はトラストレンディングをメインにして、中金利帯はmaneoへ多めに投資していくと思います。

maneoとSBIで平均7.7%出すのはその時の案件次第でもあるので、確実に実現したいなら350万:150万の配分で投資を進めると良さそうです。

どちらにしても主軸のトラストレンディングを信頼できないことには実行できません。会社情報については下記ページを参考にして下さい。

トラストレンディング怪しいけど心強い!トラストレンディングの評判・業績評価・投資情報まとめ

650万円プラン

必要金利は7.9%以上!

500万円プランと同じ構成で検討してみると、

高:中の配分 高金利帯配当 中金利帯配当 中金利帯の必要金利
100万:550万 12万円 39.4万円 7.16%
150万:500万 18万円 33.4万円 6.68%
200万:450万 24万円 27.4万円 6.08%
250万:400万 30万円 21.4万円 5.35%

このぐらいの金額になるとどの配分でも実現可能性が高いのがよくわかりました。

100万円をトラストレンディングで攻めに使って、残り550万円を信頼度の高いmaneoとSBIで安定運用し7.16%の金利を維持できれば月額3万円は達成することができそうです。

これは中々良いプランですね。

sbiソーシャルレンディング2018年3月期は黒字!SBIソーシャルレンディングの評判・業績・投資情報まとめ

800万円プラン

必要金利は6.4%以上!

前述に1,000万円で月額3万円は勿体ないと書きましたが、800万円プランも少しもったいないかもしれませんね。コレぐらいあれば月額4万円は狙っていけそうですので。

私が800万円を使って年利6.4%を達成するなら、LCレンディングの保証付き案件maneoの中金利案件SBIソーシャルレンディングをバランスよく配分して投資したいと思います。恐らくですがこの金利水準は無理をしなくても十分実現できると考えます。

matsu

3つのプランだと650万円プランが最も魅力的に思えます。月額3万円のインカムゲインを定期的に得る計画は、本格的に投資を行う上でステップアップになると思いますので、この段階で様々なことを学びアンテナを広げることで、より良い資産形成に寄与することになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です