【2018】ソーシャルレンディングお得キャンペーン情報

Webトレンドからソーシャルレンディングの動向を感じ取ってみる

ソーシャルレンディングの動向

こんにちは、matsu@matsu_sl)です。

ソーシャルレンディングの動向を探るに、Web上から収集できるGoogleトレンドとGoogleサジェストを利用して判断してみたいと思います。

今年6月に一回行ってみたのですが、その後の経過確認も兼ねてご紹介します。

Googleトレンドのデータ比較

キーワード「ソーシャルレンディング」の人気傾向

今いち盛り上がりに欠けている感じが見て取れますが、例年の傾向ですと10月中旬ごろから検索ボリュームも増加してくようです。

2018年は色々と問題がありましたが、例年通り増加していくなら動向を判断する上では安心材料になるかと思います。

順位 都道府県 前回 今回
1 東京 100 100 
2 福岡 96 100 
3 茨城 41 38 
4 神奈川 37 40
5 千葉 34 37 
6 大阪 24 29 
7 愛知 20 34 

こちらは地域別の注目度です。前回調査した時と比較するとランキング各都市でのボリュームは増加している傾向にあるようですね。

「WealthNavi」と比較してみると…

今回は仮想通貨ではなくロボアドバイザー、とりわけ人気の高いWealthNaviとの比較を行ってみました。

どちらかに関わっていれば自ずと片方の立ち位置も感じやすいと思います。これによるとボリュームではソーシャルレンディングが勝っていますね!やった!

互いに新しい投資ジャンルなので人気度の動向も似ている波形になっています。

Googleサジェストのデータ比較

サジェストとは?

検索画面でキーワード入れると検索候補が出てきますよね?あれです。

あれは同キーワードで検索がある程度発生している場合その入力作業を補完するために出現するものなので、キーワード候補が多い=人気ジャンル、と見ることができます。

Web上にこれを一括で取得するツールもあるんですが、いかんせん取得方法が雑です。

なので自分はRubyでプログラム組んで余すこと無く取得してますので、既存ツールよりロングテールの伸び具合が、より多く詳細に分かるためキーワードボリュームによる人気度を評価することができます。

ソシャレンと仮想通貨のキーワード数の比較

4月 5月 6月 7月 8月
ソーシャルレンディング 978 1,046 1,138 1,103 1,377
WealthNavi 644 864

キーワード数も少しずつ増加していっているようですが、やはりまだまだニッチ感は否めませんね。たぶん匿名化解消が少し起爆剤になって認知度アップにもつながるでしょうが、ガンガン広告していたWealthNaviにいずれ抜かれる日が来るかもしれません。

まとめ

募集金額など各会社が発表する情報を元に、ソーシャルレンディングの動向を探るのが正道ですが、今回の様にWebという人気投票的な側面から判断するのも面白いかと思います。

ソーシャルレンディングも順調に成長しているとは言えますが、日々携わっている身としてはポジティブ要素による盛り上がりなどを期待してしまっています。

やっぱり自分が携わっている業界がプラスに向かうと嬉しいものですからね。

来年の春頃にはそういった息吹が聞こえてくるといいですねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です