TATERU口座開設方法を解説してますー

リスクの発生原因を見極めて対策をたてよう!

ソーシャルレンディングが持つ2つの怖〜いリスク…だが対応策もある

ソーシャルレンディングリスク

投資とは元本保証ではないのでリスクはつきものです。ソーシャルレンディングの持つリスクも最悪のケースだと元本が0になることもあります。しかし、前もって認識して対策を立てながら投資をすれば比較的安全にコントロールすることが可能です。まずはリスクの内容を把握しその対応策をご紹介します。

デフォルト(貸し倒れ)リスク

ソーシャルレンディング会社を通して出資した融資先が返済不能になるケース。月々の返済ができなくなると「遅延発生」という状態になり、そこから改善できないとデフォルトということになります。デフォルトは最悪元本0の恐れがあるこわ~いリスクの一つです。考えられる主な原因は下記になります。

1.所属業界の急激な不景気

投資期間中に融資先が関係する業界が不景気になり返済が滞るケース

2.返済計画の無理

返済の原資となる要素を甘く見積もったりするケース。最終的にどのように元本と利息を返済するのかを見極めなくてはならない

3.経営者による犯罪行為

経営者が詐欺などの犯罪行為により投資家やソーシャルレンディング会社へ損失を与える、といったケースも考えられます。ただこれについては投資家ではどうしようもないので、ソシャレン会社の目利きに委ねるしかありません。

デフォルトリスクの対応策

デフォルトリスクの影響を最低限に押さえつつ投資を行うのなら、各ファンド案件ごとに下記の項目をチェックすると良いでしょう。

  1. 投資期間中にアクシデントが発生しないか?
  2. デフォルトになっても担保でカバーできるか?
  3. 投資家保護を優先する会社であるか?

少し乱暴になりますが、投資期間中にさえアクシデントが発生しなければオールOKと言えるでしょう。

例えば不動産ファンドに半年投資するとして、

その半年の間に内外要因によるアクシデントが起こるか?を考え、デフォルトになっても担保で融資額を補えるか?そしてデフォルト時に率先して投資家を保護してくれるソーシャルレンディング会社であるか?

これを5年後まで先読みするのは無理ですが、直近半年程度なら予想も現実的にできますよね。投資期間を自分の先読み能力に合わせて調整することができるのも強みになります

まずデフォルトになりそうにない案件を選別し、万が一そうなっても損失を最低限に押さえれれるかを検討して投資することがデフォルトリスクを回避する上で有効な対応策になります。

matsu

自分の場合、100%デフォルトする!という仮定で投資するので、担保で十分カバーできるかを重視して投資しています。

ソシャレン会社の業務停止リスク

デフォルトリスクよりもこわ〜いリスクが、ソーシャルレンディング会社の業務停止リスクです。デフォルトは一案件内の範囲で済みますが、ソシャレン会社が業務停止するとその会社で投資している全案件に影響が及ぶのでリスクレベルは高いです。

1.金融庁による命令

ソーシャルレンディングは金融商品なので金融庁の指導管轄にありますが、システムなどに不備があると改善命令や停止命令がだされることがあります。

2.業績不振による倒産

どんなに真面目に運営していても利益が改善しなければ経営は続けれられません。

3.バックボーンに見限られる

赤字でも強力なバックボーンがあれば運営は続けられますが、それらが撤退する業績をカバーできなくなり倒産してしまうケース

4.みんクレ型詐欺

みんなのクレジットという悪質なソーシャルレンディング会社(現在は業務停止)のような、金融庁からの指摘から会社実態が浮き彫りになり業務停止になるケース。つまりソシャレン会社の不正です。

業務停止リスクの対応策

ソシャレン事業者の倒産リスクを回避するには以下のポイントをチェックするとよいでしょう。

  1. 業績は赤字拡大していないか?
  2. 投資家へ情報開示する姿勢が見受けられるか?
  3. 信頼できる要素があるか?

最終的にこれらを通じて、信頼できる理由を持つ会社を利用するしか手段はありません。ただし人気であることを理由に選ぶのはやめましょう。実態がなくても人気が集まることは多々あるからです。

matsu

クラウドクレジット…案件的に日本のソシャレン界には必要だと思いますが、赤字拡大してるし伊藤忠がいなくなったらどうするんだろ??

番外編 少額投資の手数料リスク

少額(数万円)から投資できるのが魅力的なソーシャルレンディングですが、最低限の投資金額で短期間投資をすると、入金手数料と出金手数料でマイナスになる恐れもあります。

LCGF315号 1か月運用型

上記ファンドは年利5%期間は一ヶ月最低投資金額は6万円です。これに6万円投資したとすると税引前で341円です。

入金時の振込手数料は安くて150円程度。配当金や元本を出勤する際の手数料は400〜700円ぐらいです。

今回の例は極端ではありますが、投資時には経費とリターンも考えると効率的な投資ができますね。振込手数料などを節約したい方は下記ページを参考にして下さい。

振込&出金手数料を節約ソーシャルレンディングで振込&出金手数料を比較してわかった節約方法

リスク回避のまとめ

ソーシャルレンディング会社の姿勢と経営状況を定期的に調べて、案件に投資する際は担保が十分有効であるかを分析する

これにつきると思います。リスクを回避して得られる最大の結果は、元本と利息を無事回収できる、ということなのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です