SAMURAI令和キャンペーン!500円分QUOカードプレゼント!

【週刊ソシャレンニュース】羽ばたくFunds、遅延決着SBISL、ドキッ☆トラレン役員名簿削除(^_^;)

週刊ソシャレン

こんにちは、matsu@matsu_sl)です。

今週はソシャレンにしてはなかなか忙しかった用に感じます。

まず、年明けから話題のFunds(ファンズ)が好調なスタートを切ったことは祝福したい出来事でしたし、SBIソーシャルレンディングも去年夏の遅延事案を半年ちょっとで解決しましたし、bitREALTY(ビットリアルティ)も初回募集ファンドを発表してクオリティの高さを見せてくれました。

あとはmaneoでちょろっと進展があった感じですか。

トラレンの役員名簿取り下げにはドキッ☆としました…自分のプログラムから発せられるメールタイトルが心臓に悪かったせいもありますが(^_^;)

それでは一つずつ今週のソシャレンニュースを振り返っていきましょう!

【1/23(水) 】Funds初回募集ファンド16分で満額成立!

funds トップページ

今週のオープニングはやはり何と言ってもFunds(ファンズ)のファンド募集が解禁されたことでしょう!

Fundsアイフルファンドに投資成功 Fundsアイフルファンドに投資成功!利回り低めで人気薄だったみたい(^_^;)

当日は虎ノ門で記者会見を開き関係者含めて初回募集の行方を見守っていたようです。

私も縁あってお誘い頂きましたが、やはりクリック合戦必至であるため投資に集中すべく見送らせていただきました。

ただデュアルタップとLENDYは文字通り瞬間蒸発でしたが..アイフルは16分かかったので十分スマホ投資可能、シマッタ感に襲われました(^_^;)

まあ自分のことはさておき、Funds(ファンズ)の順風満帆な滑り出しを素直に祝福したいと思います。

まだ口座持ってない方はぜひ検討してみてください!

【1/24(木) 】決着、SBISL!約半年で遅延案件を捌き切る

SBIソシャレン不動産バイヤーズ22号決着

まさかこんなに早く解決できるなんて…!

また、途中経過もわかりやすく投資家フォローをしていたのはさすがSBIソーシャルレンディングといった感じでしたね。

でも、、、

SBIソシャレン不動産バイヤーズ22号決着 SBIソシャレン不動産バイヤーズ22号決着!元本回収率81%‥評価額からしたら60%(^_^;)

やっぱり22号については担保評価額の60%程度しか回収できなかったのは落ち度があったと受け取られても仕方ないことだと思います。本来LTV70%程で元本既存なんてあってはならないことであり、発生したとあればそれは事業者に都合の良い評価方法と評価額を採用してしまったということなんでしょう。

その結果SBIソーシャルレンディング投資中の全ての投資家に不信を与えてしまったのですから、この事実はしっかりと超重く受け止めていただき、今後のファンド組成をより強固なものに昇華して頂きたいと思います。

ただ私はSBIソーシャルレンディング誠実であると確信しています。

誠実とは清廉潔白だったりノーミスパーフェクトという意味ではなく、例えミスがあっても向き合って解決に当たる姿勢であると思っています。

今回は残念な結果になりましたが発生から今日までの過程に不誠実さを感じることはありませんでした。

自分の2018年の投資結果も良かっただけに投資を継続することでこれからも支持していきたいと思います(*^_^*)

Iソーシャルレンディングへの2018年投資結果 SBIソーシャルレンディングへの2018年投資結果まとめ、年間利回りは6.46%!

【1/24(木) 】トラストレンディング業務改善の一環として役員名簿取下げ

トラレン

これは、、、まじビビりました(・_・;)

というのもクローラーで毎日変化がないかチェックしてて、もし変化があったら「トラストレンディングまじやべー」みたいなタイトルのメールが送られてくるようにしていたのですが、トラレンHPエーアイトラストHPの2つを監視していたので2連続で通知が来て余計焦りました(;・∀・)

いや、完全に自分のプログラムのせいなんですけどね。

トラレン トラストレンディングで役員表記が失くなったことについて問い合わせてみました

とりあえずこの件に関しては上記ページにまとめてありますので良かったら見てみてください。

【1/24(木) 】ビットリアルティ初回募集ファンド発表!

注目していたbitREALTY(ビットリアルティ)も初回ファンドについて情報公開しましたね!

ビットリアルティ初回募集ファンド ビットリアルティ初回募集ファンド発表!ソシャレンなのに物件名が表示できる驚きのスキームとは!?

いきなり投資対象のビル名と住所まで記載されてて驚きましたが、なるほどこれがbitREALTY(ビットリアルティ)が造りし対匿名化決戦汎用スキーム「GK-TKスキーム」ですか。

不動産証券化によって匿名化のデメリットを克服してしまうなんてすごい…

同時に証券化できるほど立派な投資対象も確保されるので、これまで個人投資家が手を出せなかった雲上の投資体験ができそうです。

確かに100万円は高いですが手堅さで語るならソシャレン不動産部門で過去トップクラスじゃないでしょうか。

【番外 】maneo遅延状況の進捗

maneo遅延案件についてまた進捗があったようです。

私自身は遅延案件に投資していないので進捗報告メールを受け取っていないのですが、ツイッターで確認しているとなんとなく状況が伝わってきます。

何棟かのアパートが担保になっていたやつについては売却できたみたいですね。内容から察すると元本毀損が濃厚そうです…結果は来月の分配日に判明するんでしょう。

川崎のゴースト廃病院については「検討中の事業者がいます」「多方面にアプローチを掛けて良い反応があります」的なメールみたいです。

ふまんだらけさんはmaneoが競売を避けていると読んでいるようですが、もしかしてその理由は、、、

このことがが判明してしまうため、どこまでも悪あがきしているせいではないでしょうか(;・∀・)

検証する術が無いので鵜呑みにする訳にはいきませんが、検討中、検討中と繰り返している報告には何か違和感を感じていたので、多少信憑性を持って受け止めてしまいます。

担保価格が10分の1って、ラッキーバンクよりひどくてミンクレ未満??

これに比べたらSBIソーシャルレンディングの遅延騒動なんて超ハッピーエンドって感じになりそうですよ。

。。。maneoもやつらのお仲間になるんですかね。。。

matsu

川崎の廃病院!競売等で実態価格がバレたときがXデーかも…
それまでに全案件退避できますように><

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です