【GEKIATSU】Amazonギフト券500円分プレゼント!

【オーナーズブック】エクイティ案件は順調、新たに「米国非上場REIT」商品の提供スタート【もしかして代わり?】

こんにちは、matsu@matsu_sl)です。

オーナーズブックさんが新たな展開を行うようですね。

参考 『OwnersBook』の海外型商品の提供開始に関するお知らせロードスターキャピタル株式会社

不動産特化型クラウドファンディングサービス『OwnersBook(オーナーズブック)』を手掛けるロードスターキャピタル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:岩野達志、以下「ロードスターキャピタル」)は、クラウドファンディング事業において、2019年10月7日(予定)から、海外不動産へのクラウドファンディング投資サービスを開始する運びとなりましたのでお知らせします。

この度ロードスターキャピタルが提供を開始する海外型商品は、米国有数の不動産クラウドファンディング事業者であるFundrise, LLC(本社:アメリカ合衆国 ワシントンD.C、Co-Founder and CEO:Ben Miller、以下「Fundrise社」)が既に米国内で実績を重ねている投資商品で米国の非上場REITとなります。
日本において、米国の非上場REITにクラウドファンディングで投資するサービスを提供するためには、第二種金融商品取引業、電子申込型電子募集取扱業務、及び投資運用業の許認可登録を備える必要があります。ロードスターキャピタルはそれらの許認可登録を備えており、2019年6月にFundrise社と業務提携し、『OwnersBook』の海外型商品の提供開始に向けて準備を進めて参りました。
今後は日本居住者の方でも、Fundrise社が提供する米国の非上場REITにインターネットを通じてご投資頂けるようになります。

やはり不動産投資というジャンルでは米国不動産は見逃せない市場といった印象です。

先じてクラウドバンクも米国不動産投資を開始していますしね。

ただオーナーズブックが行う米国不動産投資は「非上場の米REIT」なので「複数分散」されていることが特徴となります。

上記が第一号として予定されているREITのポートフォリオだそうですが8地域に分散されているのがわかります。

クラウドバンクとは異なり分散投資の効果が期待できるのが魅力的ですが、自分的には為替関連がどうなるのかが注目したいところです。

なんせこの商品、投資期間が5年間で最低投資価格が50万円となっていますので、米ドルでの直接投資かヘッジが付いてないと配当利益&元本に対してコントロールしにくい為替リスクを背負いやすくなると思います。

ですのでソコら辺がどうなっているのか、10月7日の募集要項を確認してからの検討になりそうですね。

それから昨年初夏ぐらいから開始されたエクイティ案件は一応順調なようです。

上記メールと共に運用報告書も届きました。

ただ内容については非公開と念を押されていますので記述できませんが、とりあえずは順調という印象です。

なんかエクイティ案件が追加募集されないのを不思議に思っていましたが、

もしかしたら今回の米国不動産へシフトチェンジしたのかもしれませんね。

なんにせよ不動産の専門事業者が米国不動産への投資機会も提供するというストーリーには期待感が膨らみますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です