【2018】ソーシャルレンディングお得キャンペーン情報

月10万円配当はいくらから?ソーシャルレンディングの資金と金利をシミュレーション

月10万円配当いくらから?

月10万円の配当金、魅力的ですよね。

これだけアレば、月の光熱費や食費ぐらいは余裕で賄えるので多くの人が憧れる金額でしょう。

では、資金がいくらからあればソシャレン配当金で達成できるのか気になりましたので、すこしシミュレーションして調べてみることにしました。

必要な資金必要な金利を仮定して、税金や経費なんかも仮定してリアルに計算しています。

さてさて、現実はどんな感じなんでしょうかね?

必要資金はいくら?金利も入れた一覧表

前提条件

・雑所得で計算
・経費は月2万円年間24万円と仮定
・税金は所得税+住民税で30%と仮定
・税引き後で年間120万円の配当金を目指す

資金 必要金利 配当金(税引後)
¥14,000,000 12% ¥1,248,000
¥17,000,000 10% ¥1,262,000
¥21,000,000 8% ¥1,248,000
¥24,000,000 7% ¥1,248,000
¥30,000,000 6% ¥1,206,000

かるーくシミュってみた結果が上記になります。源泉徴収は20%ですが、住民税10%も後払いする必要があるので最初から計算に入れています。

うーん、うわー、雑所得で申告したくない(›´ω`‹ ) ゲッソリ

ちなみに青色申告の65万円控除のみを入れてみると、

資金 必要金利 配当金(税引後)
¥12,000,000 12% ¥1,275,000
¥14,000,000 10% ¥1,247,000
¥17,000,000 8% ¥1,219,000
¥20,000,000 7% ¥1,247,000
¥23,000,000 6% ¥1,204,000

青色となると別売上も計上するので正確ではないけれど、やはり青色の特別控除65万円は偉大ですね。求められる資金水準が一段階下がっています。

どちらで申告するにしても、稼働率を考えるとソーシャルレンディングで実質的に狙っていける金利は6〜8%程度が平均的だと思われます。

ですので、必要な資金は1,700万円〜3,000万円ということが判明しました。

まとめ:金利7%を狙うのが良さそう

金利7%なら現実的な金利ですので、雑所得なら2,400万円青色なら2,000万円で狙っていけそうです。

利用するSL事業者はmaneoSBIクラウドバンクトラストレンディングとか10%超えSL事業者といった感じがベストでしょう。

 

ちょうど私が狙っている金利水準でもありますので、ポートフォリオの方で事業者配分などを参考にしてみてください。

ファンド一覧〜5月 matsuの1,500万円ソーシャルレンディングポートフォリオ 〜2018年5月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です