【GEKIATSU】Amazonギフト券500円分プレゼント!

【インフラファンド】ネガティブ情報もあったけど株価水準は回復【タカラ・インフラ投】

こんにちは、matsu@matsu_sl)です。

先日、「もうFIT終了しちゃうよ報道」で株価に多大なる影響を受けたインフラファンドですが、自分が投資中の「タカラレーベン・インフラ投(9281)」に関しては、この報道以前の状態に回復してきました。

11万円ぐらいでとりあえず指値入れて買い増し放置してたんですが刺さらなかったみたいです。

続いて「カナディアン・ソーラーインフラ (9284) 」についても確認してみると、

もう一息で回復といった感じですね。

とりあえず平均線は上向きで上抜いていきそうなので静観はできそうです。

さらに「いちごグリーンインフラ (9282)」については、

う〜ん、回復基調ではないですね(^_^;)

ある種あの報道はインフラファンドを剪定するきっかけになったのかもしれません。

最後はルーキー「エネクス・インフラ投資法 (9286)

これは悪影響どころか踏み台にして加速してますね。

やっぱり新しいとこは新鮮というか勢いがありますね。

現在、株価が9万2千円ぐらいで年間配当(予)が5900円ぐらい。

約6.5%かー

翌年の分配予想も同程度ですし、数字を見ると美味しい感じがしますねヽ(*´∇`)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です