クラウドバンク口座開設マニュアル

一つの選択肢としてソシャレンも検討して下さい

ソーシャルレンディングと投資信託の違いとは?比較してみよう!

ソーシャルレンディングと投資信託

資産運用の主力として活用されることが多い投資信託ですが、私は、

投資信託のみの方はソーシャルレンディングのことを知らない人が多いのではないか?

と考えています。だって両者を比較したらソシャレンもかなり魅力的ですよ。

ということで、まずは気になるポイントを簡単に比較していきますので、ソーシャルレンディングと投資信託の全体像を掴んで下さい。

その上で違いを検証しながらメリット・デメリットなども探していきましょう。あ、最初に断っておきますが、基本的にソーシャルレンディングは素晴らしいから投資信託だけじゃもったいないよ!といった内容になります(*´∀`*)ノ

ソーシャルレンディングと投資信託の比較

投資信託 ソーシャルレンディング
金利 低い 高い
換金性 高い 低い
変動性 有り 無し
継続性 有り 無し
分散性 有り 有り(自分で分散)
配当金 毎月分配もある ほぼ毎月分配

金利と配当金の比較

両者の平均的な金利

ソーシャルレンディングの 平均利回り は、年利8%〜9%クラウドポート調べ)。それに対し一般的な投資信託は年利4%〜6%となっています。(大体目指しているところ)

配当金について

投資信託では「毎月分配型」などを選択しないと毎月の配当金を獲得できませんが、ソーシャルレンディングは基本的に毎月分配するので、生活費などの目安にもしやすいと思われます。

投資信託の配当金は元本削ってる場合もあり

というか投資信託の場合、配当金の原資は元本払い戻し金が多く含まれているようです。それに対しソーシャルレンディングの配当金は純粋に利息によるものであり、元本はほとんどが満期日に一括返済されます。

matsu

ソーシャルレンディングは投資信託より金利も高くて、キャッシュフロー(配当金)も受け取りやすい。元本については分割返済、一括返済それぞれ長短あるが一括返済の方が利益は高くなります。

換金性(自分意志)の比較

投資信託の換金性

申し込むのも解約するのも、基本的に自分のタイミングで決定できるので株同様に換金性は高い金融商品です。

ソーシャルレンディングの換金性

申し込むのは募集があってから、換金出来るのは満期が過ぎてから。これが基本なので換金性は悪い金融商品であると言えます。

matsu

この換金性の悪さを解消するための投資手法として、 ラダリング分散投資手法の一つで簡単に表すと、満期日を分散させることにより資... More というテクニックもあります。

変動性(値動き)の比較

投資信託は基準価格の値動きがある

投資信託をしている方なら経験していると思いますが、株同様に基準価格の値動きが日々発生しています。配当金分配日なんかは元本削るので特に値下がったりすることも多く、そういったことがストレスになることも。

ソーシャルレンディングは値動きありません

ソーシャルレンディングには投資信託や株のように値動きするような基準価格がありません。簡単に言えば貸金ですから、例えば30万円投資したとして、30万円貸した事実が変化することはありません。ただしマイナス要素として デフォルト債務不履行や貸倒れの意味。ファンドが破綻した状態を指す。この状態... More があります。(これは投資信託でも同じ)

日々の値動きに疲れてしまった投資家が、確実な インカムゲイン家賃収入や投資信託の配当金など、投資金額に対して定期的に発生する... More とストレスフリーを求めてソーシャルレンディングへ参入する例も増えているようです。

継続性の比較

投資信託は一度購入してしまえば10年近くは投資し続けることが可能です。

それに対してソーシャルレンディングは貸出期間が決まっているので、満期を迎えたら新たな投資先を見つける必要があります。

matsu

投資信託ほどではありませんが、貸付期間が2年ぐらいのもあります。選ぶのは自由にできるので調整はしやすいです。

分散性の比較

投資信託はその内部で不動産や債権など複数ジャンルに向けて投資しているものもあり、そういったものに一つ投資すれば結果的に分散投資をしていることになります。

対してソーシャルレンディングは一つの投資で分散投資になるということはありません。

分散投資をするなら、自分で不動産・太陽光発電など選択して投資しなくてはなりません。つまり自分で分散したポートフォリオを作る必要があります。

matsu

基本的にソーシャルレンディングは選択して投資したら満期を迎えるまでやることがありません。従って選択が大変重要で、それゆえに興味深くなり面白みを感じることも多いです。

売り時、買い時を考える必要がない!

はっきり言って株など日々値動きする金融商品は、いつ買って・いつ売るか、がとても重要です。このタイミング要素について様々な投資手法がアプローチしているように思われます。

しかし、ソーシャルレンディングはタイミングを自由意志で操ることはできません。

出来無いというとアウトと思う方もいるかもしれませんが、

果たしてそれをデメリットと言い切ることが出来るでしょうか?

私が思うに、ソーシャルレンディングの魅力は、一見デメリットともとらわれがちな要素、

シビアなタイミングを気にすること無く投資できる点にあると思います。

株のように指値で予測したりするのも疲れますよ。ソシャレンはもっとアバウトなタイミングで予測できます。

投資の理想形はほったらかしでお金がきちんと入ってくる、というのを想像される方が多いですよね。さらに言えば、勉強しない、難しくない、楽できる、であれば最高です。

私はソーシャルレンディングにその可能性を感じています。

もちろん勉強しなくて良いとは微塵も思っていません。基本的に鍛えたら楽になると思ってるマッチョ思考wなので、これからソーシャルレンディングを始める方には勉強することをオススメしています。

その際は、matsuのブログが少しでもお役に立てば幸いでございます。

matsu

ソシャレンたのしいよ!

2 Comments

ねん

ふと気付きましたがmatsuさんは5000万も予算がありますね!プロフィールを探すも見付からず・・・属性(サラリーマン?投資家?)や目標とかブログで紹介して頂けるとより楽しめます!

返信する
matsu

はじめまして〜
あープロフ作ろうって思ってて後回しになってました…(;´Д`)ツクリマス
早くもっと運用額増やしたいんですけど、何分始めて数ヶ月の初心者なものなので一応慎重にやってます。
ではでは今後ともよろしくですー(*´∀`*)ノ

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です