【12/3更新】ソシャレンお得キャンペーン情報

ソーシャルレンディングの仕組み〜事業者はどんなやり方で利益を出しているか?

事業者はどんなやり方で利益を出しているか?

ソーシャルレンディングを始めるなら長い付き合いとなる事業者のことを理解しておくことが大切です。まずは事業者はどんなやり方で利益を出しているのか?を知っておきましょう。

ちょっとイメージイラストがアクドイ感じになりましたが、どんな商売もこんな感じですよね(*´∀`*)

お金の流れを把握しておけばビジネスモデルも理解しやすくなります。

ソーシャルレンディング事業者の収入源は大きく2つに分かれます。

事業者の利益1:運営手数料

運営手数料とは?分かると何がお得?

ソーシャルレンディング事業者のメインとも言える収入源が、この運営手数料(営業者報酬)と呼ばれているものです。

ファンド募集画面で「◯%」と利回りが表示されていますが、この利率は借手が負担する貸付金利から運営手数料を差し引いたものです。(下図参照)

運営手数料と貸付金利について

本来、貸付金利を投資家が募集金利として享受するのが自然な流れですが、投資家と借手企業をマッチングした報酬としてソーシャルレンディング事業者が数%収益を得る形となっています。

運営手数料を投資前に事前に確認することができれば、募集金利だけでは分からない借手が負担する貸付金利投資家が受け取る金利に事業者報酬の金利を足したもの。最終的に借り... Moreが判明するため、ファンドのスキーム金利の検討類似ファンドとの比較、などを通して案件的に無理がないかをチェックすることが可能になります。

MEMO

つまり、募集画面で7%として表示されていても、運営者手数料が5%なら借手は最終的に12%を負担することになるので、7%=妥当、として判断したファンドでも模様が変わって見えてきます。こういう投資判断に役立つので運営手数料のチェックは欠かせません。

投資前にどうやって確認できる?

大体は、ファンド申込み完了前に交付される「重要事項説明書」や「匿名組合〜」といった書類に記載されています。

maneoを筆頭にしたmaneoファミリーでしたら、ファンドを申し込む際に閲覧確認を求められる「重要事項説明書」というPDFファイルの最後のページに「maneo金利」などの表現で%表示で記載されています。

その他、SBIクラウドバンク上限2%と自社規制に則って定めていたり、オーナーズブックに至っては運営手数料は0%として投資家に還元する姿勢を示している事業者も存在します。

MEMO

事前に確認できることを知らなかったり、運営手数料自体を知らないで投資している方もいるようですので、これから投資家デビューする方にはぜひ気をつけて頂きたいポイントです。

もっと確認しやすい方法は?

全事業者のファンド説明ページで記載されていれば、わざわざ確認しなくても良いのですがそれについては各社の今後の対応が期待されています。

現在のところ、自分もポートフォリオに組み入れているトラストレンディングは、ファンド説明ページで「営業者報酬」として表示しています。(SSの赤枠箇所)これについては投資家目線に立った誠実な対応を実践していると見ることが出来るでしょう。トラストレンディングについては下記にまとめてありますので興味がある方は参照して下さい。

トラストレンディング怪しいけど心強い!トラストレンディングの評判・業績評価・投資情報まとめ

事業者の利益2:融資実行手数料ソシャレン会社が借り手に融資する際に請求する手数料。融資事務手数... More

融資実行手数料とは?分かると何かお得?

ソーシャルレンディング事業者の第2の収入源がこの融資実行手数料ソシャレン会社が借り手に融資する際に請求する手数料。融資事務手数... Moreです。(融資事務手数料とも呼ばれる)これは貸付金利とは別物で、投資家からまとめた資金を融資として実行する際に借手から徴収する手数料となっています。

融資実行手数料

融資実行手数料の存在を考慮することが出来れば、借手が最終的に負担する金利総額を知ることが出来るので、運営手数料だけでは分からない借手へ掛かっているプレッシャーが見えてきます。

例えばオーナーズブックの募集金利5%ファンドを例に上げますと、運営手数料が0%なので貸付金利も5%となる計算ですが、実は融資実行手数料を借手から上限2%を目安に徴収しているので、借手が最終的に負担する金利総額は7%弱ということが判明します。

融資実行手数料は0〜4%を目安に加算されることが一般的なようです。0%の場合もありますが、この手数料の存在を考慮することで負担の最大値を知ることが出来るので、ほんとうの意味での案件の比較検討が可能になります。

matsu

ソーシャルレンディングの仕組みを理解するなら、存在するプレーヤーのお金の流れを把握できると早いです。特にSL事業者の報酬を得る仕組みは大切ですので覚えておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です