【12/3更新】ソシャレンお得キャンペーン情報

【最新版】クラウドクレジットの口座開設方法を徹底解説します

クラウドクレジットの口座開設方法

クラウドクレジットでの口座開設方法をご紹介します。

他事業者では本人確認書類やマイナンバーなどを確認できるものが必要になるのですが、クラウドクレジットではそういった手間がかからずスムーズに開設可能です。

まずユーザー登録を行う

  • 手順1
    トップページからスタート!

    トップページから口座開設をスタート

     

    まずユーザー登録を行うことからスタートします。

    トップページの「無料で新規登録」ボタン(赤枠)をクリックして下さい。

     

  • 手順2
    ログイン系情報の入力
     

    ユーザー登録

     

    入力項目
    クラウドクレジットID、パスワード、メールアドレス、秘密の質問

     

    まずはログイン系の情報から入力します。パスワードには記号を含める必要があるので注意して下さい。

     

    登録内容の確認

     

    入力し終わったら確認すると上記の画面へ移動しますので、「この内容で登録する」ボタンをクリックして下さい。

  • 手順3
    メールで認証して終了
     

    確認メール

     

    確認ボタンをクリックすると、上記画面が表示され「登録メールアドレスへメールを送信した」というメッセージが流れます。

     

    メールボックスを見ると下記のようなメールが届いているはずです。

     

    確認メールでボタンをクリック

     

    メール内の「メールアドレスの有効化はこちら」ボタンをクリックするかURLをクリックすれば、登録したメールアドレスの有効性が証明される流れになります。

     

    注意

    PCで登録作業をしてる場合、メールのみをスマホなどの他端末で確認すると不具合が起こる場合もあるようですのでご注意下さい。

  • お疲れ様でした。

    続いて、ユーザーの個人情報を入力することで口座開設工程がほぼ完了します。

ユーザー個人情報の入力

  • 手順1
    住所や勤務先の入力

    ユーザー情報の入力

     

    お客様情報入力内容
    お名前、フリガナ、生年月日、郵便番号、住所、携帯電話の番号、FATCAに関する宣誓、クラウドクレジットを知ったきっかけ、職業

     

    勤務先情報入力内容
    勤務先名、業種、勤続年数

     

    先のメールのボタンをクリックするとこちらの画面が開き、住所などの個人情報と勤務先情報を入力するようになります。

    完了したら「次へ」ボタンをクリック。

  • 手順2
    出勤口座情報と適合性の確認
     

    口座情報と適合性の確認

     

    振込先口座の入力項目
    金融機関名、支店名、預金種別、口座番号、口座名義(カナ)

     

    適合性確認の入力項目
    投資目的、投資リスクに関する考え方、投資での運用期間の考え方、年収、預金および現在の金融商品の保有額、投資可能金額、投資資金の正確に関する確認、ご投資の経験年数

     

    まず出金するための口座情報を入力して、適合性の確認に関する質問がされます。

    適合性についてはバランスの良い回答を心がけてください。

  • 手順3
    各種規約書類への同意

    書類・規約への同意

     

    最後に、クラウドクレジットの規約等が記載された書類をダウンロードし、「すべての書類を確認し、同意します」ぼたんをクリックすれば作業完了です。

     

    口座開設作業完了!

     

    その数日後に「審査完了通知」が郵送されてきます。そこに記載されているお客様コードをマイページで入力したら取引開始となります。 

     

    お客様コード

     

    毎ページでコード入力

まとめ

通常、マイナンバーや免許書の画像を用意して口座開設作業を行うため、意外と手間暇かかって大変なんですが、クラウドクレジットはそれが無いのでスムーズに口座開設することができます。

口座開設は無料で維持費もかかりませんので、投資の有無はともかくいつでも動ける状態にしておくと利益も逃さなずに済むと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です