【8月末まで】クオカード3,000円分プレゼント

大学教育も無償化の流れ、10年遅いが教育格差是正に繋がる良い流れ

大学教育も無償化の流れ

こんにちは、matsu@matsu_sl)です。

先日、日経の記事に下記のようなものが上げられていました。

参考 低所得世帯の大学無償化、20年度から 法案が衆院通過日経

法案は衆院通過したので今年中に成立の見通しのようです。

財源は消費増税分を充当するとのこと。

実は密かに令和改元後の5月・6月ぐらいに安倍首相から「消費税増税を延期します!そんで衆参ダブル選挙やります!!」とか発表されると思っていたんですが、どんどん消費増税を根拠に良さそうな政策が肯定されていっている感じなので儚い妄想だったか‥と悲しいんだけど子持ち世代としては嬉しい面もある複雑な心境になってきました!!

幼児教育無償化も消費増税に組み込まれてますしね。

・・・なんか財務省的なディールな感覚がしないでもないですが。

一番良いのは消費増税ストップでの若年層の教育支援の充実なんですが、これを実現するには現在の高齢者世帯への手厚い供給を減らさなければなりませんので、選挙命の政治家にとっては選べない選択肢なんでしょうね。

心情的にも自分の親世代を切ると認識してしまうのでストッパーが働いてしまうのが辛いところです。合理的に考えて行動できれば選択肢は一つなんですがね。

投資家的には消費増税ストップでの株価指数爆上げとか嬉しさ極まりないですが、親として考えると子供の教育無償化は望んでいたものですし。。。

だめだな〜、この日本の詰んでいる感じ。。。

不動産クラファンなら海外在住でもOKだったっけ??

‥マレーシアに住みたいよ(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です