【2018】ソーシャルレンディングお得キャンペーン情報

WealthNaviは出金無料なので分配金や利益をこまめに出金するのはアリかも

WealthNaviは出金無料なので分配金や利益をこまめに出金するのはアリ

こんにちは、matsu@matsu_sl)です。

WealthNaviには現在40万円投資中、毎月10万円を積立てて100万円の運用を目標にしています。ですので、これまでWealthNaviから出金するということを考えたこともなかったのですが、調べてみると「一部解約による出金手数料は無料」とのことです。

たとえ換金する気は無くとも、投資をしているのならその換金方法を把握している方が良いでしょう。

例え余剰資金で投資しているとは言え、急にお金が必要になったとき100万円規模の資金を当てに出来ると心強いですしね。

それでは出金プロセスをご紹介したいと思います。

WealthNaviの出金方法

まず出金無料の証拠提示

WealthNaviの出金について

証拠提示というと仰々しいですが、公式サイトできちんと説明されているので確認できると安心です。

20時までに出金依頼を行うと20時以降に換金される

WealthNaviではNY市場に上場しているETFに投資していますので、それを換金するとなるとNY市場が開いている時間でなくてはなりません。厳密には20時には開いていないのですが、WealthNaviではこの時間を目安として出金に必要な資金の換金処理を受け付けています。

従って、21時に出金処理を依頼すると翌日の20時以降に換金処理が行われるので注意して下さい。

出金依頼時と約定時の金額は違うので注意

これも当然なのですが、出金依頼時には直近のETF価格を参考にしていますので、実際に市場が稼働し始めたときとは評価額が異なります。

疑問に思ったままだと気持ち悪い部分ですので事前に把握しておきましょう。

銀行振り込みは換金終了してから3営業日後

これも目安として把握しておけば急な出費時にも対応しやすくなるでしょう。

3営業日後ですから、土日挟んでしまうとなんだかんだで1週間程度かかることが多くなると思います。

最短だと月曜日の20時までに依頼して金曜日ぐらいに銀行振り込みといった感じでしょうか。

海外投資なので時間がかかるのは否めません。

出金キャンセルは当日20時まで受付可能

出金依頼を行ったけどやっぱり必要なくなった場合、出金依頼を行った時間から20時までの間に取り消し依頼を行うと出金をキャンセルすることが出来ます。

これは20時までに出金依頼された場合、20時以降に市場で売却されて換金されるためです。土日をはさんだりNYを市場が休日の場合は翌営業日の20時までがタイムリミットになるようです。

まとめ

WealthNaviで出金をする時は、

20時が執行目安

と覚えておくと良さそうですね。

依頼するにもキャンセルするにも20時を基準に処理されます。

私程度の投資金額だと配当金も少ないので現実的では無いのかもしれませんが、資産を多く預けて運用している方でしたら配当金をこまめに出金したり、独自のリバランスとして一定以上の利益が積み上がった時点で上澄みを出金しちゃっても良さそうですよね。

ちなみに分配金など合わせて現金部分が2万円以上になると再投資されますので一つの目安にして下さい。

ほったらかしが魅力的なWEalthNaviなんですが、たぶん色々いじって積極的にニンゲンの手も加えると良いのではないかと感じる今日此の頃。

WealthNavi公式で口座開設すると長期割が適用されるのでお薦めですよ(*´ω`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です