【2018】ソーシャルレンディングお得キャンペーン情報

僕らのSBISL不動産担保ローンPlusが+0.5%増で7%案件に!絶対投資しますよ

SBISL不動産担保ローンPlusが+0.5%増で7%案件に

こんにちは、matsu@matsu_sl)です。

先月のSBIソーシャルレンディングは自然災害などもあってか、これまでとは異なりファンド申し込みにあたって余裕がありました。

その様を見て、

matsu

うん、これこそ正常!今までが異常。ブロガーとしても毎回煽ってた感あるので反省…

と思っていたんですが、今回の利回りアップでの募集にはテンションを上げざるを得ません(;´Д`)

だって、あの堅実な不動産担保ローンPlusが7.0%になってお披露目されるんですからね!

でもなぜ今更?なんか変更点でもあるのでしょうか?そこら辺も詳しく見ていきたいと思います。

ファンド概要

案件名 SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus 21号
募集者 SBIソーシャルレンディング
募集金額 6億円
運用予定 約10ヶ月 (2018年10月中旬~2019年8月末日)
年率 7.0 %
担保など LTV70%の貸付債権
  • 募集開始
    2018年 10月3日 午前10:00~
    今回は瞬殺必至かもしれません
  • 募集終了
    2018年10月9日 昼12:00
  • 入金期限
    2018年10月9日 昼12:00
    基本は申込み後3営業日以内が期限です
  • 運用開始
    2018年10月中旬~
  • 運用予定表交付
    2018年10月下旬
  • 運用終了
    2019年8月末日

内容は、不動産を担保に融資する貸金業者への融資となります。

プレーヤー評価

SBIソーシャルレンディングについては下記にまとめてありますので参照して下さい。

sbiソーシャルレンディング SBIソーシャルレンディングに300万円投資中なので評判・実績・口コミなど実体験も加えてまとめました

また借手となる貸金業者は以下の条件の元選定されています。

① 資本金5千万円以上の企業
② 直近6年間の累積貸倒れ件数2件以内かつ、2千万円以内
③ 利息制限法改正に伴う過払金の発生無し
④ 貸金業の業歴7年以上

この点はこれまでのPlusファンドと変更ありません。

なぜ利回りが7%にアップしたのか?

当然、このような疑問が生じ理由を知りたくなります。

最初はSBISLは手数料減少傾向にあるので、ついにオーダーメイドローンでも手数料抑えるのかとも思いましたが、理由はきちんとファンド詳細ページに記載されていました。

これまでのSBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlusより 「SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus21号」の予定年間利回りが高いのはなぜですか?

「SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus21号」は、借手である不動産担保ローン事業者の資金需要が高いことを踏まえ、これまでのSBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlusより高く設定しました。

つまり、借手が超借りたいらしい(笑)

でもその割には募集金額が少なめかなとも思いますが、その点は貸手条件も変更されていないことですし、初めての貸付ではないので心配しても杞憂に終わりそうです。

総合評価まとめ

金利
(4.0)
担保担保についてまとめたページへ移動します。
(4.0)
スキーム仕組み、構成、計画の意。ソーシャルレンディングでは融資の仕組みを... More
(4.0)
事業者
(5.0)
総合評価
(4.0)

たかが0.5%!されど0.5%!たった0.5%のアップですが、ちょっと大台感のある7.0%になるとこんなにも見栄えがするものなんですね。

今回の案件はさすがに10分程度で募集完了しちゃいそう!だって今からウキウキですからねっ!!私を含めやはり利回りの魔力にはあがらいにくいですなぁ(;´Д`)

しかしながら、利回りアップの理由にもありましたように7%募集は今回だけなのかもしれません。

あわよくば常態化してくれたら嬉しいですけども(`・ω・´)キリッ

ちなみにこの次募集されるバイオマス案件は8.5%募集と、前回7%から1.5%増で募集されます。これは前回の補填で利回り上げたのかもしれませんが、口座お持ちでないなら早めに開設されていたほうがいいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です